ニュース
» 2015年07月20日 19時02分 公開

ミジンコの交尾を見守るニコ生 ♀「クリスティーナ」と♂「お前ら」が人気で応援イラスト盛り上がる

番組は、約20時間クリスティーナにお前らがアタックし続けるも……。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 交尾の仕方を忘れてしまったミジンコのメスがオスと交尾しないかを見守る生放送が、7月18・19日にニコニコ生放送「ニコニコ23.5時間テレビ」で配信されました(関連記事)。番組では視聴者のアンケートによってメスを「クリスティーナ」、オスを「お前ら」と命名。約20時間の放送の末に交尾は一度も果たされなかったのですが、2匹の恋路を応援するイラストがニコニコ静画に数多く投稿されるなど人気を見せています。

画像 擬人化された「クリスティーナ」(左)と「お前ら」(右)のイラスト(ニコニコ静画「お前らとクリスティーナ」

 そもそも番組は、日本のミジンコは長らくメスだけで子を産む単為生殖で繁殖してきたため、絶滅の危機に立たされているという前提で実施された企画。交尾をせず単為生殖を続けていると遺伝子の多様性が大きく損なわれ、病気などに感染しやすくなってしまうのだそうです。なのでミジンコのメスとオスを1匹ずつそろえて「お見合い」の場をセッティングし、顕微鏡内の様子をみんなで観察しました。

画像 観察された「クリスティーナ」(上)と「お前ら」(下)

画像 メスの名前がアンケートで決定した瞬間

画像 オスが「お前ら」になった瞬間

画像 二匹の交尾を見守る いけそう?

画像 クリスに蹴られたお前ら(3時間20分頃)

画像 盛り上がる(20時間頃)

 番組では冒頭で、両者の名前をそれぞれ9つの候補からアンケートで決定。メスは「ミジ子」「悦子」などのなかから、得票率41%というぶっちぎりの人気で「クリスティーナ」に。オスは「ひろゆき」「おかりん」など有力候補をなんとか抑えて「お前ら」に決まりました。その後、クリテスティーナに対しお前らがフックを使って迫るも拒み続けられるというラブコメ的展開が約20時間続いて、交尾することなく番組終了となります。

画像 イラストも続々投稿(ニコニコ静画「クリスティーナ」)

 放送を受けて、ニコニコ静画では2匹をポップに描いたり擬人化したりするイラストが続々と投稿。クリスティーナは体がお前らよりも3倍ほど大きく、交尾を拒否する立場にあったことから、クリスティーナはツンデレもしくは余裕のあるキャラ、お前らはヘタレキャラとして描かれているようです。

画像画像 ツンデレキャラとして描かれがちなクリスティーナ(ニコニコ静画「ミジンコのクリスティーナちゃんのつもりその2」と「お前らとクリスたん」)

画像 古風もかわいい(ニコニコ静画「お見合い」)

 番組の評価はアンケートで「とても良かった」が91%と非常に高く、イラストへのコメントでも「お見合いがんばれ!!」「“お前ら“がんばれ!!」「グソクムシ以来の人気生物になったな」と応援する声も多いです。ニコニコ生放送では深海生物であるダイオウグソクムシが食事を摂るか見守る番組から、ダイオウグソクムシの人気に火が着きました。ミジンコもこれに続く人気生物となるか見どころです。お前ら、くじけるな……!

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」