インタビュー
» 2015年07月24日 06時00分 公開

どう生きるべきか 『少女終末旅行』つくみずは問い掛ける(1/2 ページ)

初のオリジナル作品でデビューしたマンガ家・つくみずさん。ディストピアな世界でほのぼのと生きる少女チトとユーリの物語を描いた『少女終末旅行』の魅力に迫る。

[宮澤諒,eBook USER]
『少女終末旅行』2巻 『少女終末旅行』2巻

 ドイツの半装軌車「ケッテンクラート」に乗った二人の少女が、食料を求めて、ただひたすらに多層構造の都市を旅してまわる。辺りには人ひとり見当たらず、人類滅亡の惨劇を引き起こした要因になったであろう戦車などの兵器が散らばっている。

 つくみずさんのマンガ『少女終末旅行』は、いわゆるディストピアものに属する作品だ。しかし、作中に終末世界独特の悲壮感は漂っていない。二人の少女チトとユーリは世界に絶望することなく、都市のあちこちを旅し、さまざまな価値観をわたしたちに提示してくれる。

 同作は、新潮社のWebコミックサイト「くらげバンチ」で連載中の作品。7月9日には2巻が発売された。2巻発売のタイミングでつくみずさんにお話を伺うことができたので、インタビュー中に描いていただいた直筆のイラストとともにお届けしたい。メールインタビューは一度経験しているものの、実際にインタビューを受けるのは初めてだというつくみずさん。ひとつひとつ言葉を選びながら、作品について語ってくれた。

『少女終末旅行』主な登場キャラクター

ユーリ ユーリ:性格は楽天的で、食べるのが大好き。ぼーっとしていることが多いが、たまに核心を突くことを口にする
チト チト:黒髪ツインテールでしっかり者の女の子。本が好きで、日々のことを日記に書きとめている

マンガを描き始めたのは大学2年生から

―― 2巻の発売おめでとうございます。1巻発売のときと気分的に違いはありますか?

つくみず ありがとうございます。そうですね、1巻は自分の初単行本だったので「作家になったんだ」という気持ちが強かったです。2巻以降も出してもらえることができて、たくさんの方に期待してもらえたんだなってうれしく思います。

―― まずは、つくみずさん自身についてお聞きします。デビュー前は、同人で活動されていたんですよね?

つくみず マンガを描き始めたのは大学2年生のころで、大学の終わりごろに、友人が作ったマンガサークルに誘われました。そこで描いた作品をネットにアップしたところ、新潮社の方が見てくださってデビューしたという流れです。だから同人で長く活動していたわけではないです。二次創作は大学時代にやっていたんですけど、オリジナルは「少女終末旅行」が初です。

―― マンガ家になる方は幼いころから絵が好きだったという人が多いと思いますが、つくみずさんの場合はかなり後になってからだったんですね。

つくみず もともとは小説が好きで、小・中・高では小説をよく読んでいました。高校3年生のころにイラストを描くのが好きになり、ありきたりな萌えイラストみたいなのを描いていて、マンガはその延長として描きはじめました。

―― 小説ではなく、マンガの道に進んだんですね。

つくみず 絵が描きたくなったんですよね。大学では美術の教師を目指して絵の勉強をしていて、何となく絵の仕事をしたいなとは考えていましたけど……。だから、マンガを描いたのは気まぐれなんです。

独創性があって魅力的なものを、建物へのこだわり

―― 「少女終末旅行」についてですが、この作品は、表立って訴えているわけではないですが、強いメッセージ性みたいなものがありますよね。

つくみず そういったメッセージ性みたいなものは、わたしが読んできた小説の中から受け継いだ部分だと思います。

―― 特に誰の作品を?

つくみず 村上春樹と江國香織ですね。作品で言えば、村上春樹は『ノルウェイの森』『ダンス・ダンス・ダンス』、江國香織は『きらきらひかる』が好きで、何回も読み返しています。

―― 「少女終末旅行」は、ディストピアな世界で、チトとユーリという二人の女の子が旅をするストーリーですが、この話の原型はどうやって生まれたのでしょうか。

世界観に影響を受けたという『BLAME!』新装版 世界観に影響を受けたという『BLAME!』新装版

つくみず マンガを描き始めたときに、弐瓶勉先生の『BLAME!』を読んでいて、その世界が自分にとってすごく魅力的だったんです。世界観は影響を受けています。

―― 作中では、ケッテンクラートや銃器などミリタリー系のアイテムが多数登場しますが、以前から興味があって作品に取り入れたのでしょうか。それとも作品に併せて?

つくみず 当時、自分の中で戦争映画ブームが来てたんです。ケッテンクラートは「プライベート・ライアン」に出てくるのを見て、「これは二人で旅するにはちょうどいいな」と思って取り入れました。

―― 大学時代に構想していたときから、作品の内容はあまり変わってないのでしょうか。

つくみず そうですね。大学時代に描いたものは内容も短くて、連載のお話をもらってから細かい設定を詰めていきました。1巻3話の「風呂」という話が原型です。「少女終末旅行」という作品の魅力が凝縮された話になっています。

―― 気に入っているシーンや話はありますか?

つくみず 2巻で描いた13話「雨音」ですね。いい話を描けるときって最初からオチが自分の中でしっかり決まっているんです。そのオチを目指して、場面がしっかり構成されているネームを描けたときはうれしいですね。

―― 普段ストーリーを考えるときは、ある程度オチを考えてから取り掛かるんですか?

つくみず できるだけ早い段階で、こういう話で、こういうオチで、こういう価値観に対して気付きみたいなものを入れていこう、という感じで描いていきます。描きながらオチが見えるときもあるし、最初から見えているときもあります。

―― ネームを1話描き上げるのにどれくらい時間を掛けますか?

つくみず だいたい10日です。1週間で描き上げる予定で取り組むんですけど、物語の舞台が毎回変わることもあり、最初に場所のスケッチを描いて、その場所とそこに関わるテーマがうまく調和するように話を作っていくので、そこは毎回苦労しています。

―― 作中にはさまざまな廃墟、建物が登場しますが、これはつくみずさんの頭の中にあるものですか? それとも資料などを参考にしていたり?

つくみず このマンガは結構建物がぼんやりとしているというか、割と感覚で描いているんです。できるだけいまの時代にあるものや、他の作品に登場する建物に似せないように心掛けています。

 でもやっぱり難しいんですよね。現実のものからサンプリングして組み立てる方がしっかりした絵になるので、いかに発想で形を変えていけるかが今後の課題です。もっと独創性があって魅力的な建物が描けるといいなと思いながら描いています。

―― 迫力のある見開き絵も幾つかありますが、思い入れのある絵はありますか?

つくみず 先ほど話した「雨音」の見開きですとか、これはまだ「くらげバンチ」でしか読めませんけど墓場のシーンとかですね。大学の現代美術の授業で、リチャード・セラという彫刻家の作品について学んだんですけど、彼の作品に黒い板を並べたものがあって、それを思い出しながら描きました。あとは、都市の遠景のシーン。これは20時間ぐらい掛けて描き上げました。

2巻3話「雨音」のワンシーン、鉄骨と雨の組み合わせがどことなく神秘的 2巻3話「雨音」のワンシーン、鉄骨と雨の組み合わせがどことなく神秘的
2巻16話「離陸」のワンシーン、苦労して描いた1コマ 2巻16話「離陸」のワンシーン、苦労して描いた1コマ
くらげバンチで公開中の17話に収録されている墓場のシーン くらげバンチで公開中の17話に収録されている墓場のシーン
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  2. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  3. /nl/articles/2201/14/news013.jpg 風呂場にうっかり入ってしまった猫兄弟 「二度と入らぬ」と誓う表情に「また入るでしょうw」の声
  4. /nl/articles/2201/13/news164.jpg 藤本美貴、夫・庄司智春のランドローバーを勝手に受け取る暴挙 器が試されるドッキリ企画に「普通の夫婦だったら喧嘩」の声
  5. /nl/articles/2201/14/news162.jpg ダルビッシュ聖子、3年ぶりの家族旅行でディズニーランド初訪問 わずか数時間後の夫婦ショットで「私も主人もヘトヘト」
  6. /nl/articles/2201/15/news048.jpg 高木ブー、高校時代の“スリム姿”に驚きの声 70年前の貴重ショットに「好青年でステキ」「デートしてほしい」
  7. /nl/articles/2201/15/news040.jpg 「めちゃくちゃ欲しい」「言い値で買わせて」 記号を合わせて解錠する“顔文字南京錠”爆誕にネット沸く
  8. /nl/articles/2201/13/news105.jpg 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  9. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  10. /nl/articles/2201/15/news045.jpg 元なでしこ永里優季、シカゴ在住の男性とゴールイン報告 “婚約指輪&プロポーズ”写真が幸せいっぱい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」