ニュース
» 2015年07月27日 09時26分 公開

服もポーズも荒木飛呂彦ワールド全開 ジョジョ前の読切「ゴージャス☆アイリン」がファッションドールに

荒木先生が初めて描いた女性の主人公が、先生監修のもとフィギュアで蘇る。

[黒木 貴啓,ITmedia]

 「ジョジョの奇妙な冒険」で知られるマンガ家・荒木飛呂彦さんが、初めて女性の主人公を描いた作品「ゴージャス☆アイリン」。その主人公のゴージャス・アイリンが、荒木さんと集英社の監修のもと、ファッションドールとなって千値練から発売されます。7月26日開催の「ワンダーフェスティバル2015[夏]」で、千値練ブースが発表と同時に監修中のモデルを公開しました。

画像画像 ゴージャス・アイリンがファッションドールとなって登場!(モデルは監修段階のもの)

画像

 「ゴージャス☆アイリン」は、荒木さんが1985年・1986年に1話ずつ発表した読み切り作品。16歳の少女であるアイリン・ラポーナが、化粧で自己暗示することで抜群のプロポーションかつ残忍な殺し屋「ゴージャス・アイリン」に変身する物語です。今となっては「SPUR」でグッチとのコラボマンガを描くなどファッション界でも注目される荒木さんですが、アイリンの衣服やポージングはその感性が随所に見られる、荒木ワールドの起源の一つというべき作品です。

画像 ゴージャス☆アイリン―短編集」表紙。決め台詞は「わたし……残酷ですわよ」

 ファッションドールでは、アイリンをおよそ6分の1スケールとなる全高約28センチの素体で表現。初の変身シーンで着ていたワンピースを、布製のドレスで再現して身にまとわせました。顔のタッチは80年代の原作よりも現在の荒木さんの作風に近く、白黒で描かれていた髪や唇、イヤリングなどもオレンジや水色など華やかに彩色。まさにアイリンが現代に蘇ったかのよう。

画像画像 元祖「ジョジョ立ち」とでもいうべき、体をひねり美しいボディラインを生み出すポージング

 可動部はあえて首・肩・腰・股の関節だけに。膝や肘も曲げるようにすると腕や足の美しさが崩れてしまうということで、固定することでアイリンのプロポーションの再現を追求したそうです。

画像画像 関節のない足がこれまたキレイ。ナイフ(右)など小物も充実しています

 小物としてハイヒール、口紅、ナイフも付属。発売日と価格は未定です。企画開発者のTwitterによると、「シリーズで集めていくと着せ替えやアクセサリーが交換出来る様にしたいです……いろいろポージングさせてアイリンのファッションショーをやりたい」といった構想もあるとのこと。最終的にどのような形で発売となるのか、詳細がバァァァーン(※アイリン変身効果音)と出るのが待たれます。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」