ニュース
» 2015年07月27日 10時00分 公開

自販機あるある。10円玉23枚で、230円の切符を券売機で購入できない不思議と、進化形自販機のいま

自販機天国・日本。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 売れるものは何でも売ってしまおうという、商魂たくましい自販機市場。お守り、おみくじ、折り鶴、手作り細工など、海外からの観光客増加を見越したラインアップが増え始めたことから、最近話題になることも多いですよね。ところが、自販機大国・ニッポンといわれ、年間売り上げ5兆2000億(※)を誇る自販機市場に慣れ親しんだ日本人でさえ、意外と知らない様々な法則があることをご存じでしたか?(※2013年実績。日本自動販売機工業会調べ)

自販機 値上げラッシュの中、“ALL100円”の飲料自販機は、庶民の強い味方!

自販機あるある/10円玉23枚では、230円の切符を券売機で購入できない

 駅の券売機で230円の切符を購入しようとして10円玉を23枚投入すると、21枚目を入れた途端にシステムにロックがかかり、すべて硬貨がジャラジャラと返却口に戻ってきてしまいます。これは「同一硬貨は20枚まで」という制限機能が設置されているため。

 この機能は「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」に「五百円、百円、五十円、十円、五円、一円の六種類の補助通貨(硬貨)が強制力をもって通用できるのは20枚まで」と定められていることによります。つまり券売機は法に則り、20枚以上の硬貨を拒否できるシステムになっているのです。

 同様にコンビニ、量販店、飲食店等のレジで、例えば1324円を支払う時、あなたが1000円札1枚、10円玉30枚、1円玉24枚を出したと仮定しましょう。

 そのとき、店員さんはあなたが財布から出した「20枚以上の10円玉」と「20枚以上の1円玉」を拒否する権利を有しているのです。ただし実際には「次回からはご遠慮ください」とやんわり注意されるものの、拒否されるケースは少ないようですが……。

 でも、硬貨の「20枚」制限を知っていれば、レジに大量の硬貨を出して店員さんを困らせることもなくなりますし、そもそも大量の硬貨を数えながらレジを占領することで、後ろに並ぶ人たちをイラッとさせずに済むはずですね。

自販機あるある/10円玉44枚では、440円のたばこを購入できない

 券売機とは別に、たばこや飲料などの自販機にも別の制限機能が設けられています。例えば、貯金箱にたまった小銭を整理しようと10円玉44枚をポケットに入れて、家の近くの自販機で440円のたばこを購入しようとしても、たばこを買えずにスゴスゴ帰宅することうけあい。

 その理由は、「10円玉は40枚まで」「50円玉は4枚まで」「100円玉は4枚まで」「500円玉は3枚まで」といった硬貨枚数制限が設けられているから(自販機設置店舗によって差があります)。

 こうした機能は、過去に起きた変造硬貨事件や自販機荒らしなどを背景に「いたずら=偽造通貨行使の防止」を主目的に、多くの自販機が講じた対策。

 また「100円玉10枚を投入し、返却レバーを押すと500円玉2枚が戻る機能」を悪用し、店主のいぬ間に大量両替された事例もあり、多くの自販機で同様の制限が設けられることに。

※自販機は日々進化しているので、上記にあげた制限が適用されない場合もあります。

自販機あるある/緊急時の位置確認や、停電時の飲料供給機能

自販機 様々な機能がプラスオンされている最近の「進化形自販機」

 自販機には「住所表示ステッカー」が貼られていることをご存じですか?

 これは、110番や119番を要する緊急時にいち早く所在地を確認できるよう、消防庁が自販機メーカーに要請したことで始まったもの。例えば、「レジャー先でクルマが故障してしまい、救助を要請したい」「目の前で交通事故が発生。救急車を呼ぶ際に的確に現在地を知らせたい」というときは、自販機が近くにあればステッカーですぐに位置確認ができるのです。

 さらに、画像のようにライフラインが断たれた災害時や、停電状態の中でも無料で飲料を確保できる「緊急時飲料提供ベンダー」の自販機も、職場や公共の施設等で最近多く見かけるように。いざという時に頼りになるスグレモノの「進化形自販機」は、あらためて世界的に大きな注目が集まっているスグレモノ。街中に多数の自販機があることを当たり前とする日本人だからこそ、様々なナゾや法則を知り、自販機を賢く利用したいものですね。


あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」