ニュース
» 2015年07月28日 07時30分 公開

単独ヒッチハイクでカナダを横断したロボ「hitchiBOT」 今度はアメリカ横断の旅をスタート

すでにスポーツ観戦やタイムズ・スクエア来訪を果たすなど、アメリカ満喫。わたし人間だけど、むっちゃ羨ましい。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ――ロボットは、人間を信じられるのか。その答えを明らかにする実験として昨年7月27日、単独によるヒッチハイクでカナダを旅し、見事26日間で横断したロボット「hitchiBOT」(関連記事)。約1年後にあたる今月17日、今度はアメリカを横断するヒッチハイクの旅をスタートしました。


画像 ロボットなのに、ヒッチハイクでアメリカを横断……?


画像 アメリカで最初に自動車に乗せてくれた人たち

 「hitchiBOT」はバケツに軍手やブーツをつけたシンプルなつくりのロボット。親指を立てて腕を上下に動かし、ヒッチハイクを行います。LED画面、マイク、カメラ、Wi-Fi回線などを備えており、会話も可能です。充電のために車のシガーソケットにプラグを差し込むよう、運転手にお願いする仕組みになっています。

 カナダ横断以降、2015年2月にドイツで10日間、6月にオランダで18日間のヒッチハイク旅行を成功させています。今月17日にスタートしたアメリカ横断は、4回目のヒッチハイクの旅となります。

オランダで人間とおしゃべりする「hitchiBOT」

 スタート地点はマサチューセッツ州にあるピーボディ・エセックス博物館で、そこからカリフォルニア州の科学博物館「エクスプロラトリアム」を目指します。横断だけでなく、「カリフォルニア州にあるハリウッドサインの前で自撮りする」「フロリダ州のディズニー・ワールド・リゾートを楽しむ」などのバケツリスト(生きているうちに実現したい行動、業績のリスト)16項目を実現することも目標です。

 旅の模様はFacebookTwitterInstagramで確認できます。すでに約10日日で、「スポーツ観戦中にウェーブする」「タイムズ・スクエアの光を見る」などの夢を叶えています。いいなー、楽しそうだな―。

 また、アメリカ横断の道のりは、公式サイトの地図で見ることができます。同じような場所を行ったり来たりしており、ヒッチハイクの旅が終わるまでけっこうな時間がかかりそうです。いろんな場所で記念撮影しているところを見ると、アメリカ旅行を満喫し過ぎているのかも……?


画像画像 行ったり来たりしているせいで、アメリカ横断があまり進んでません


画像画像 「hitchiBOT」さん、ちょっと遊び過ぎじゃないですか? 楽しそうだなあー

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/12/news047.jpg 冨永愛、タクシー乗車中の事故でムチウチに 痛々しい写真公開「もし、シートベルトをしていなかったら…もっとひどい事に」
  2. /nl/articles/2106/11/news125.jpg オーブンレンジが大量に吐血!? “事件現場”にシャープも反応「ご愛用ありがとうございますが自首してください」
  3. /nl/articles/2106/10/news102.jpg 岡田義徳、0歳次男がRSウイルス感染で緊急入院 涙を流した妻・田畑智子に「一番しんどいだろうな」
  4. /nl/articles/1809/17/news031.jpg 「お前ホットケーキなんだよな?」 フライパンにしか見えないホットケーキが生成され戸惑うTwitter民
  5. /nl/articles/2106/12/news013.jpg 先輩犬に怒られた柴犬さんの表情とポーズに爆笑! 「犬ってこんな顔できるの?」「アニメみたいw」の声
  6. /nl/articles/2106/11/news143.jpg 「新垣結衣さんとランチ」 小籔千豊、突然の報告にファンのツッコミが響き渡る「そっちかーーい!」「ガッキーなのは事実やけど」
  7. /nl/articles/2106/06/news003.jpg 透明標本を作るために2カ月カニの甲羅を煮込んでいたら包丁が完成 「ゾッとする」「やっぱり狂ってる」と大人気に
  8. /nl/articles/2106/11/news136.jpg 壇蜜、五輪聖火ランナー姿に“随分やつれてる”と心配の声 祖母逝去の精神的ダメージを告白「目まい結構ひどくって」
  9. /nl/articles/2106/12/news007.jpg 「なんだその髪色は」 → 「疑ってすまなかった(涙)」 怖そうでみんなに好かれる体育教師の漫画がギャップ萌え
  10. /nl/articles/2105/25/news027.jpg 髪の長い女子生徒をその場で散髪……と思ったら? “厳しすぎる生徒指導”の漫画が予想外に良い話

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10