ニュース
» 2015年07月29日 07時00分 公開

「生まれて初めて自分1人で靴を履くことができました」――ナイキが開発した「片手でも履けるシューズ」誕生秘話がめちゃくちゃいい話

高校生の少年、マシュー・ウォルツァーさんの手紙がきっかけで開発が始まりました。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 スポーツ関連商品メーカーのナイキが、片手でも履けるシューズ「ナイキ フライイーズ」を開発しました。「フライイーズ」はナイキのデザイナーのトビー・ハットフィールドさんが約3年かけて開発した靴で、かかとのヒールカウンターの近くで開閉するジッパーがあり、足の出し入れが簡単にできます。しかも足がしっかりと固定されるので、靴紐を結ぶ必要がありません。


ALT 片手でも簡単に履けるシューズ「フライイーズ」

 「フライイーズ」は、片手が自由に使えないなどの悩みを抱いているアスリートのためにつくられたもの。その経緯をまとめた動画がYouTubeにアップされています。きっかけになったのは、生まれつき片手が不自由な高校生、マシュー・ウォルツァーさんの手紙でした。ウォルツァーさんは「1人で靴が履けない」ことに悩んでおり、未来の大学生活に不安を抱いていました。


動画が取得できませんでした
「フライイーズ」誕生の経緯をまとめた動画

 「僕の夢は、毎日『誰かに靴紐を結んでもらわなければ』と心配することなく、自分の選んだ大学に進学することです。僕はこれまでずっと、ナイキのバスケットボールシューズを履いてきました。歩くために足首の支えが必要なので、このタイプのシューズしか履けません。16歳になって、僕は自分1人で洋服を着ることはできますが、靴紐は親に結んでもらわなければいけません。自分のことは自分でやりたいティーンエイジャーにとって、不満に思うと同時に、恥ずかしさも感じています」――この手紙を受け取ったハットフィールドさんは、片手でも履けるシューズの開発に取り組み始めました。


ALT ハットフィールドさんとウォルツァーさん

 2012年のうちに試作品が完成し、ウォルツァーさんに贈られました。ウォルツァーさんは「生まれて初めて自分1人で靴を履くことができました」と大喜び。しかし開発はそこで終わらず、ハットフィールドさんとチームはさらにデザインを改良。靴紐のいらないデザインを生み出し、2015年に「フライイーズ」が誕生しました。


ALT 試作品を贈られて笑顔のウォルツァーさん。開発はさらに進んだ

 ウォルツァーさんのためだけではなく、同じような悩みを抱いているすべてのアスリートに向けて作られた「フライイーズ」は、7月25日から8月2日にかけて開催されている「2015スペシャルオリンピクス・ワールドサマーゲームズ」に参加するアメリカの2つのバスケットボールチームに贈られています。ナイキさん……かっこいいです!


青柳美帆子


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む