ニュース
» 2015年08月02日 14時05分 公開

マジだった 青森県立美術館が墜落したと思われるUFO画像をツイート→紛れもないUFOでネット民困惑

UFOは実在したんですね……。

[イッコウ,ねとらぼ]

画像 青森県立美術館に墜落!?

 年に一度のねぶた祭りの開催時期を迎え、大いに沸き立つ青森県。特に今年はラブライブねぶたやスター・ウォーズねぶたなどユニークなねぶたが話題を集めています(関連記事)。……が、そんなねぶた一色の中、青森県立美術館公式Twitterがにわかには信じがたい事実を報告しています。

 なんと、墜落したと思われるUFOを画像付きでツイートしているのです。しかもこの画像は一切の加工・合成はなく、色も形もはっきり確認でき、どこからどう見てもUFOに間違いないとネットではうわさが広まっています。これは、「スターウォーズねぶた」どころの騒ぎではない、もしかしたらガチの「スターウォーズ」が始まるかもしれません!



 けが人も出ず、建物の被害もなかったようで一安心ですが、果たして一体どんなUFOが墜落したのか? 青森県立美術館の画像付きツイートを確認してみると……。



 これは間違いありません。赤いフィルム、丸い形状、蓋部分にプリントされた焼きそば、そして反転しているもののはっきり確認できる「U.F.O.」の文字。加工や合成を疑うまでもありません、これは紛れもないUFO……ってそっちのUFOだったのかよ!



 某カップ焼きそばを連想させるこちらのUFOは、青森県立美術館で8月1日から9月13日まで開催中の「化け物展」にも出展している岡本光博さんが制作したものとのこと。青森県立美術館公式Twitterによると、大人数で穴を掘るなどなかなか大掛かりな作業となっていたようです。素晴らしい情熱!



 なお、青森県立美術館は青森ねぶた祭りの経路に近い青森駅前からバスで約20分の距離。ねぶたついでにUFOの墜落現場見学というのも悪くないかも?

画像 モザイクなし

イッコウ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響