ニュース
» 2015年08月03日 14時51分 公開

「モンスト」イベント混乱でミクシィ謝罪 来場5万人に対して警備誘導スタッフ50人 2万人が入場できず

11人が救急搬送。

[林健太,ねとらぼ]

 8月2日、幕張メッセで開催された「モンストフェスティバル2015」にて、熱中症などの体調不良を訴え、11人が救急搬送、救護室に86人が運び込まれたことが明らかになりました。

 イベントは、ミクシィが運営するスマホゲーム「モンスターストライク(モンスト)」のユーザーを対象とした、初の大規模リアルイベントで、入場は無料、幕張メッセ展示ホール1〜4(4は入場ホール)を利用したものでした。

 来場者らのツイートによると、列は海浜幕張駅まで伸び、列形成のフェンスが倒され、手荷物検査所にはゴミの山ができ、救急車のサイレンが鳴り響くなど、大きな混乱状態にあったことがうかがえます。また、「列を整理する運営スタッフがいない」との声も多数あがっており、大きな混乱状態にあったことがうかがえます。

 ミクシィは当日夜にTwitterにてユーザーへ謝罪、ゲーム内で使えるアイテムを無料配布を実施。一夜明け、8月3日にはミクシィWebサイト上に謝罪文を、モンスト公式サイトでは、ゲーム内で使えるアイテム「オーブ」10個を追加プレゼント、★5キャラ(レア)が必ずもらえる無料ガチャイベントの実施などを発表しました。

 想定以上の来場者数となり、救急搬送者が出る大きな騒動となってしまった同イベント。運営体制はいったいどのようになっていたのでしょうか? ミクシィ広報に聞いてみたところ、以下の事実が明らかになりました。

  • 会場内に入れた人 約3万4500人
  • 会場に入れなかった人 約2万人
  • 救急搬送者数 11人
  • 救護室利用者数 86人
  • 運営スタッフ数 380人(うち警備誘導は50人)

 警備誘導にあたっていたスタッフは50人だったので、来場者数1000人に対して警備誘導スタッフは1人ということになります。Twitterなどでは誘導スタッフの少なさを指摘する声も多くあがっていました。

 

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」