ニュース
» 2015年08月03日 19時22分 公開

身長166センチ、ビーナスラインを持つアンドロイド「ERICA」 「違和感のない自然な対話」を追求し開発

「要素技術の統合」が鍵。

[太田智美,ねとらぼ]

 科学技術振興機構(JST)・大阪大学・国際電気通信基礎技術研究所(ATR)・京都大学は「違和感のない自然な対話」を追求するための研究プラットフォームとして、アンドロイド「ERICA」を開発したことを発表した。

 ERICAは身長166センチ、鼻と口とあごが一直線上に並ぶ「ビーナスライン」を持ち、顔は左右対称、日本人とヨーロッパ人のハーフを目指したアンドロイド。従来は実在の人物をモデルにしてきたが、時としてヒトは人間よりもロボットに親しみを感じるということから、姿形をコンピューターグラフィックス(CG)で合成し、人工的に作り出すことでロボット特有の親しみやすさを併せ持たせたという。


画像 (C)石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト

 また、対話の際の振る舞いを実現するため、音声認識技術、音声からの動作生成技術、ロボット制御技術などの要素技術を統合。音声もほとんど人間と区別がつかないレベルだそうだ。


画像 (C)石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト

 音声による対話だけでなく「視線」や「振る舞い」といった非言語コミュニケーション技術により、より自然な対話を実現できるとして期待が寄せられる研究プラットフォームとしてのアンドロイド「ERICA」。この「要素技術を統合的に進化させる」ことに加え、CGを用いることで「肖像権を持たない」点にも注目だ。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響