ニュース
» 2015年08月07日 15時00分 公開

三重県志摩市の萌えキャラに「海女を侮辱」と反対署名 市は今後もPR活動に使用する予定

海女の萌えキャラ「碧志摩メグ」に反対する署名が来週提出される見込み。好意的な声も多く、市は公認撤回などの対応を行わない予定です。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 三重県志摩市の公認キャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」(関連記事)に、批判の声があがっています。かわいくてナイスバディなデザインなのですが、それをよくないとして市の公認撤回を求める署名活動が起こっています。


画像 セクシーでかわいらしいのですが、「海女を侮辱している」という声も

 「碧志摩メグ」はクール・ジャパン戦略を背景に、国内外への観光PRのために2014年に制作された海女の萌えキャラ。TwitterFacebookブログで志摩市のPR活動を行っているほか、ポスターの配布、LINEスタンプの販売、陣取りゲームアプリ「Ingress」とのコラボなど精力的に活動しています。今年5月には忍者の萌えキャラ「伊賀嵐マイ」が同県伊賀市で誕生しており、今年開催される「伊勢志摩サミット」の記念として、市の枠組みを越えたコラボポスターも制作されています。


画像画像 大活躍中の「碧志摩メグ」

画像 「伊勢志摩サミット」開催決定を記念したポスター。左下には伊賀市の公認萌えキャラ「伊賀嵐マイ」

 志摩市観光戦略室に電話取材したところ、一部の市民から「海女を侮辱している」などの批判の声があり、来週、市長公室、議会事務局に反対署名が提出されることになっています。署名の規模は170〜200人ほどになると想定されています。しかし、萌えキャラクターをPRに使う自治体や企業が多い現状、同キャラクターが地域のPRに貢献していることなどから好感を持っている人もたくさんいるのだそう。

 制作は地域貢献に協力したいという企業が行っており、市の側では公認を取り消すなどの対応を行うことは検討していないとしています。これからも「碧志摩メグ」を市のPRに使っていく予定です。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/24/news016.jpg 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  2. /nl/articles/2010/24/news035.jpg 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  3. /nl/articles/2010/23/news160.jpg 「こんな禰豆子は嫌だ」 マンウィズ、満を持して『鬼滅の刃』コスプレ披露 人間の流行にちゃっかり乗ってしまう
  4. /nl/articles/2010/24/news004.jpg 「うちの子に何するニャ!(怒)」 子猫を守ろうと、父猫にパンチをくらわせる母猫がたのもしい
  5. /nl/articles/2010/23/news015.jpg 子猫「えいっ、やあっ!(コテッ)」 ぬいぐるみに戦いをいどむ子猫がずっと見ていたくなるかわいさ
  6. /nl/articles/2010/23/news131.jpg 「たまたまそこに居合わせただけ」で死にかけた不運な男 接触事故を起こしたクルマが横転、背後から転がり迫ってくるシーンを捉えた映像が怖すぎる
  7. /nl/articles/2010/23/news021.jpg 「嫌よ!」「個人情報じゃない!」って言わないで なぜ薬局で保険証提示が必要なのかを説明する漫画が分かりやすい
  8. /nl/articles/2010/23/news092.jpg 1年間ケアし続けた“爪”のビフォーアフターが衝撃 「爪の形って変わるの!?」「私もがんばろ」
  9. /nl/articles/2010/22/news072.jpg 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」
  10. /nl/articles/2010/23/news102.jpg キバvsキング 「ルパンの娘」瀬戸康史&新納慎也の対決実現に仮面ライダーファン歓喜 放送局を超えた猛プッシュに「公式でも言っちゃったよ」