ニュース
» 2015年08月07日 18時54分 公開

Oculus VR創業者のパルマー・ラッキーさんを素材に世界規模でクソコラ祭りが開催 本人は「艦これ」クソコラがお気に入り

自らクソコラをFacebookのプロフィール画像にしていくスタイル。

[高城歩,ねとらぼ]

 バーチャルリアリティ(VR)用ヘッドセット「Oculus Rift」の開発元Oculus VRの創業者であるパルマー・ラッキーさんの写真を素材に、なぜか全世界でクソコラ祭りが盛り上がっています。どうしてこんなことに……!


画像 TIME」最新号の表紙。全てはここから始まった

 全ての発端はニュース誌「TIME」の最新号でバーチャルリアリティが特集され、その表紙をパルマーさんが飾ったこと。天高く軽やかに飛び立つかのごとく両手をひろげた謎のポージングをみせるパルマーさんと美しいビーチという見事なコントラスト、そして強烈な違和感! 海辺はパルマーさんがOculus Riftを通して見ているVR世界のイメージ映像なのでしょうか。この時点ですでに雑コラ感があります。

 これに対してアメリカのネットメディア「Dailydot」がTwitterにパルマーさんのコラ素材を投稿。投下された素材に海外の俺たちが続々と反応し、ついにクソコラ祭りが開幕したのでした。それは約束されし確かな未来だったのかもしれません。

 愛のこもったコラが続々と投稿されるなか、かつて話題となった「艦隊これくしょん」の赤城さんが海面を滑走する場面を使った画像(関連記事)を見たパルマーさんが投稿者に「これ一番好き」とリプライを送るというサプライズが。いたく気に入ったのか、現在では自身のFacebookのプロフィール画像に自分がネタになったクソコラを使用しています。マジですか。いいんですか。


画像 そんなに気に入ったの!!?

 「TIME」誌の表紙を飾ったことで、クソコラの素材になってしまったという今回の一連の流れ。しかしその事態を怒るわけでも悲しむわけでもなく、むしろ投稿者とともに楽しんでいる姿勢には、いい意味で常識にとらわれず、新しいアイデアを生み出すクリエイティブな人間性が感じられます。懐が深い人だ。すごいよ、パルマーさん……!

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響