ニュース
» 2015年08月10日 17時06分 公開

CHIBAが地球の歴史に名を刻む可能性 地質年代「千葉期(チバシアン)」が誕生するかも?

千葉県民歓喜!?

[林健太,ねとらぼ]

 地球の歴史区分「地質年代」の「新生代第四紀」の中に「千葉期(チバシアン)」が生まれる可能性が出ています。

 千葉県市原市田渕・養老川沿いにある地層「千葉セクション」は、地球の地磁気逆転を示す地層が現れており、更新世の前期と中期の境目として研究が進められてきました

千葉期 千葉セクション国立極地研究所Webサイトより

 2016年の国際会議で、重要な地層境界として世界で1カ所のみ選ばれる「国際標準模式地」に認められれば、「地名+紀(期など)」という命名の慣例に従い「千葉期」という時代が世界の教科書に載ることになります。例えば、ジュラ紀はフランス・スイスに広がるジュラ山脈、カンブリア紀はウェールズのラテン語名からきています。

 名称はまだ決定ではなく変わる可能性もありますが、千葉県民にとって「千葉(CHIBA)」が世界デビューするというのは楽しみですね。

 ちなみに、イタリア南部にある2地点も国際標準模式地の候補にあがっています。千葉が選ばれるかまだわかりませんが、千葉の地層では、2015年5月には地場逆転が従来説より1万年以上遅かったという研究結果が発表されるなど、追い風が吹いています。

千葉期 「地質系統・年代」日本地質学会Webサイトより

 千葉県議会でも地層については議題にあがっており、2014年12月4日の本会議では、副知事が模式地指定に向けた学術的な裏付けや、養老渓谷の自然景観や小湊鉄道などと一体となった観光資源としての魅力を高めるよう地元を応援していくと答弁していました

 地層は、一般観光客も川沿いで観察することができます。歴史の境界を眺め、スケールの大きい時代の変化を想像してみるのも楽しそうです。

千葉期 千葉セクションの位置国立極地研究所Webサイトより

林健太

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる