ニュース
» 2015年08月10日 20時58分 公開

ようかん食べたい! 小林幸子さんとSachikoの「脳漿炸裂バーサン」歌ってみたがすごすぎて月の向こうまでいくレベル

イケボ幸子さん「バーサンで悪かったな」。

[高城歩,ねとらぼ]

 小林幸子さんの声をもとにしたボーカロイド歌声ライブラリ「VOCALOID4 Library Sachiko」(関連記事)と小林幸子さんご本人がデュエットしている動画が投稿されています。その名も「脳漿炸裂バーサン」。

 ボカロP・れるりりさんの人気楽曲「脳漿炸裂ガール」を歌ってみた、いや、“歌っていただいた”という感じがする当動画。小林幸子さんの月の向こうまでいっちゃいそうな伸びやかな歌唱や聴きとりやすいプロの滑舌、そして調教されたSachikoの自然すぎる歌声が最強のハーモニーを生み出しています。「バーサンで悪かったな」というセリフをいい声(イケボすぎる)で読み上げるあたり、幸子さん、ノリノリです。はい、ヘビロテ決定!


画像 まさかの本人

 また、歌詞の一部が「マカロン」から「ようかん」になっていたり、「黒電話」や「枕草子」「浅草」というワードが登場するなど、ガールもといバーサン風になっているニクい演出も。プロの歌唱とネタ要素の融合とは、ものすごい順応力を感じます。そのインパクトからか、「ようかん!」はすでに弾幕化していました。動画後半は「わっしょい! わっしょい!」と盛り上がり、さながら幸子の夏祭り状態です。


画像 ようかん! ようかん!

画像 ガラケー越え

画像 枕のつく言葉といえば枕草紙

 ちなみにこの曲は「コミックマーケット88」3日目で頒布予定のミニアルバム「さちへんげ」のおまけCDとして配布する予定とのこと。「ガールは自重したほうが良くない?」といいつつ、このチャレンジ精神はガールに負けず劣らず若々しくてまぶしい!! 我らがラスボス、そして新たにラスボスのお友達となったSachikoの快進撃はまだまだ続きそうです。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン