ニュース
» 2015年08月10日 20時58分 公開

ようかん食べたい! 小林幸子さんとSachikoの「脳漿炸裂バーサン」歌ってみたがすごすぎて月の向こうまでいくレベル

イケボ幸子さん「バーサンで悪かったな」。

[高城歩,ねとらぼ]

 小林幸子さんの声をもとにしたボーカロイド歌声ライブラリ「VOCALOID4 Library Sachiko」(関連記事)と小林幸子さんご本人がデュエットしている動画が投稿されています。その名も「脳漿炸裂バーサン」。

 ボカロP・れるりりさんの人気楽曲「脳漿炸裂ガール」を歌ってみた、いや、“歌っていただいた”という感じがする当動画。小林幸子さんの月の向こうまでいっちゃいそうな伸びやかな歌唱や聴きとりやすいプロの滑舌、そして調教されたSachikoの自然すぎる歌声が最強のハーモニーを生み出しています。「バーサンで悪かったな」というセリフをいい声(イケボすぎる)で読み上げるあたり、幸子さん、ノリノリです。はい、ヘビロテ決定!


画像 まさかの本人

 また、歌詞の一部が「マカロン」から「ようかん」になっていたり、「黒電話」や「枕草子」「浅草」というワードが登場するなど、ガールもといバーサン風になっているニクい演出も。プロの歌唱とネタ要素の融合とは、ものすごい順応力を感じます。そのインパクトからか、「ようかん!」はすでに弾幕化していました。動画後半は「わっしょい! わっしょい!」と盛り上がり、さながら幸子の夏祭り状態です。


画像 ようかん! ようかん!

画像 ガラケー越え

画像 枕のつく言葉といえば枕草紙

 ちなみにこの曲は「コミックマーケット88」3日目で頒布予定のミニアルバム「さちへんげ」のおまけCDとして配布する予定とのこと。「ガールは自重したほうが良くない?」といいつつ、このチャレンジ精神はガールに負けず劣らず若々しくてまぶしい!! 我らがラスボス、そして新たにラスボスのお友達となったSachikoの快進撃はまだまだ続きそうです。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声