ニュース
» 2015年08月11日 16時48分 公開

ちょっと気が早すぎ!? 来年の今日(8月11日)は、8月初となる国民の祝日「山の日」です!

祝日のお話。ややこしいのは4月29日。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 日本における「国民の祝日」は15日ありますが(2015年時点)、他国の法定休日数と比較すると日本は世界第3位(※)!

  • 1位は「18日」のコロンビアとインド。
  • 2位は「16日」のタイ、レバノン、韓国。
  • 3位の「15日」は、日本のほかにアルゼンチン、チリ、フィンランドが肩を並べます。

 ところで、来年から新たな祝日が一日増える日本は、世界第2位にランクインすることになりますが、気になる「山の日」とはどんな祝日なのでしょう?

※マーサー ジャパン:年間祝祭日数世界ランキング

天気 2016年から新施行! 8月11日は国民の祝日「山の日」です

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する山の日」

 日本山岳会をはじめ、山岳関係者、自然保護団体、さらに、すでに「山の日」を制定していた地方自治体の声を受けて設立(2013年)された超党派の議員連盟によって、「山の日」制定に向けた活動が加速。

 結果、2014年1月24日に開会した第186回国会にて、「国民の祝日に関する法律(祝日法)」改正案が衆議院に提出され、4月25日に賛成多数で可決。

 当初は8月12日で進められていたのですが、「日本航空123便墜落事故」が起きた日であることに配慮し、盆休みと連続させやすい利点がある8月11日が、2016年より国民の祝日「山の日」に制定される運びとなります。

 当初、「海の日があるなら、山の日がないとおかしい」という意見や、「海だ山だと祝日が多すぎる」という慎重派の意見などが噴出。さらに、昨今相次ぐ山での事故や火山噴火もあり、今後の課題は「山の日」の意義浸透となりそうです。

 ちなみに、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する山の日」が初施行される2016年8月11日は木曜。15日のお盆は月曜ですから、お勤めの人は長期休暇が取りやすくなりそうですね。

ところで、2015年現在、国民の祝日がない月は○月と○月?

 あるテレビ番組の「即答しづらいクイズコーナー」に出題された設問のひとつが、「2015年の現在、国民の祝日がない月は?」でした。皆さんは即答できますか?

 答えは「6月」と「8月」なのですが、あらためて「国民の祝日」を列挙すると……

  • 1月1日――元日
  • 1月第2月曜――成人の日(1月15日を、2000年からハッピーマンデー制度に)
  • 2月11日――建国記念の日
  • 3月21日頃――春分の日
  • 4月29日――昭和の日(2007年、「みどりの日」から「昭和の日」に)
  • 5月3日――憲法記念日
  • 5月4日――みどりの日(2007年、国民の休日から、祝日「みどりの日」に)
  • 5月5日――こどもの日
  • 7月第3月曜――海の日(7月20日を、2003年からハッピーマンデー制度に)
  • 9月第3月曜――敬老の日(9月15日を、2003年からハッピーマンデー制度に)
  • 9月23日頃――秋分の日
  • 10月第2月曜――体育の日(10月10日を、2000年からハッピーマンデー制度に)
  • 11月3日――文化の日
  • 11月23日――勤労感謝の日
  • 12月23日――天皇誕生日

※ハッピーマンデー制度とは、従来の日付から特定の月曜日に移動させ、土曜から月曜を3連休にすることで余暇を充実してほしいという趣旨で制定

祝日法上に存在しない「祭日」の記述

 1947年、「国民の祝日に関する法律(祝日法)」で「国民の祝日」に統一されて(「祭日」の記述が廃止)以来、宗教儀礼上重要な宮中祭祀以外での「祭日」表現は公式に存在しないのです。

 例えば、「今度の祭日は〜」といったように“祭日”表現を常用する人以外にも、4月29日は「みどりの日」、5月4日は「カレンダー次第では休みにならない日」、「成人式」は1月15日、「敬老の日」は9月15日、「体育の日」は10月10日……といった具合に、古い祝日イメージから脱却できていない人もまだまだ多いよう。

 それもそのはず。もともと1966年に制定された「体育の日」といえば、制定2年前の64年に開催された東京五輪の開会式に所以した記念日 = 国民の祝日でしたし、同様に「成人の日」「敬老の日」も、日本特有の風習や趣旨のもとに制定されたものでした。ところが、それら記念日がいつしか「ハッピーマンデー」なるものになり変わってしまった……、そう感じている人も多いのではないでしょうか。

ちょっとややこしい、4月29日の祝日の変化

 1年を通して15日ある「国民の祝日」の中でも、ちょっとややこしいのが4月29日です。

  • 平成元(1989)年以前→昭和天皇の誕生日により、4月29日が「天皇誕生日」に
  • 昭和64(1989)年1月7日→昭和天皇崩御
  • 1月8日からの平成元(1989)年→今上天皇即位により祝日法が改正。「天皇誕生日」を4月29日から12月23日に ※ときの官房長官・小渕恵三氏が「昭和天皇は植物に造詣が深く、自然を愛されたことから“緑”にちなんだ名がふさわしい」と発言。4月29日を「みどりの日」に改称
  • 平成19(2007)年→「みどりの日」を、従来「国民の休日」であった5月4日に移動し、4月29日を「昭和の日」に改称

 さまざまな時代背景を受け、いく度も改正されてきた日本の祝日ですが、昭和世代はカレンダーを見て、「あれ? 5月4日がみどりの日になってる。このカレンダー間違ってない?」と、いまだ勘違いしてしまいがちなのも事実。

 来年新たにお目見えする「山の日」を機に、「国民の祝日」の意義、経緯をいま一度認識しておきたいものですね。

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」