ニュース
» 2015年08月12日 12時46分 公開

ご飯を無料で「ブロッコリー」に変えてくれるお弁当屋さんが渋谷に

店長さんのアイデアが詰まったお弁当です。

[太田智美,ねとらぼ]

 お弁当のご飯を「ブロッコリー」に変えてくれるお弁当屋さんが、東京・渋谷にあるようです。ご飯をブロッコリーに……?


画像 画像提供:ひらい さだあきさん

 ……! 本来真っ白のご飯で埋め尽くされるはずの一区画が、見事に緑色に染まっています。

 このお弁当屋さんは東京・渋谷にある「宅配弁当 京香」。なぜこのような取り組みを始めたのか聞いてみました。


画像

 アイデアを思い付いたのは京香渋谷店の店長内山さん。ある日、アーノルド・シュワルツェネッガーさんも所属するというジム「ゴールドジム」のマネージャーと知り合う機会があり、「プロテイン(タンパク質)的なお弁当を作れないか」と相談されたそうです。そこで内山さんがゴールドジムの会員向けに作ったのはブロッコリー、オクラ、ササミといったタンパク質を中心としたご飯の入っていないのお弁当。このお弁当の評判が良く、一般にも販売できないかと考えました。

 そして生み出されたのが、通常販売している炭水化物(ご飯)をブロッコリーに変更できるメニュー。「お弁当」という特性から、水分量が低く多少時間を置いても悪くなりにくい野菜を探し、ニンジンや根菜など複数の野菜を検討した結果、たどりついたのがブロッコリーでした。「ブロッコリーは栄養価が高い」という点も採用に至った理由だったようです。そして味付けは、ブロッコリーが一番引き立ち飽きのこない「チキンコンソメ味」にしました。

 ご飯からブロッコリーへの変更は無料。アプリ(iOS)からも注文でき、ここでもトッピングから「ご飯をブロッコリーにする」というオプションがあります。現在は渋谷店のみでのサービスで、店頭受け取りに限り可能です。

 「いつもご飯が食べきれない」「もっと野菜があったらいいのに」――ひそかに抱いていたそんな思いを叶えてくれるお弁当屋さんが渋谷にありました。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響