ニュース
» 2015年08月15日 17時13分 公開

セクシー男優がプロデュース、「うんこ味のカレー専門店」期間限定オープン

お、おう。

[ねとらぼ]

 セクシー男優・しみけんさんがプロデュースするうんこ味のカレー専門店が8月16日にオープンします。正気か。

しみけんさん

 「カレーショップ志み津」は世田谷区・千歳船橋に期間限定で登場。メニューは飲み物以外ではうんこ味のカレーのみという潔い(?)ラインアップです。カレーの価格はサイズによって400〜1000円。

ロゴ

 うんこ味といってもうんこは使っておらず、うんこに近いにおいを出すくさや、苦みや渋みを出すためにセンブリ茶やゴーヤ、カカオパウダーなどをカレーと一緒に入れ、水分などを微調整して粘り気も近づけているとのこと。味は、過去うんこを食べたことのあるしみけんさんと何人かの食糞経験者のお墨付き。便器型のお皿で出てくる徹底ぶりです。

カレー
お皿は便器型

 においがすごそうですが、店内には脱臭機や空気清浄機を多めに設置し、帰りに芳香剤の噴射サービスも行うそう。ちなみに無料の飲み物はセンブリ茶(苦い)、水は店内て一番高い1000円(モナコ価格)となっています。

店内

 同店で店長としてカレー作りも行うのは、2013年9月に「【究極のカレーイベント】うんこ味のカレー単独ライブ」(関連記事)を開催したおぱんぽんさん。イベントでは普通に食べれられるカレーになってしまったそうですが、今年4月にテレビ埼玉で放送されたしみけんさんの番組でリベンジし、うんこ味のカレーを作ることに成功。このカレーを一般の人に体験してもらおうと考えたもののイベント会場やレトルトカレーの会社からNGが出たため、店を開くことにしたそうです。

 「おふざけのように思われるかもしれませんが、究極の選択『うんこ味のカレーとカレー味のうんこ、食べるならどっち?』という子どもの頃からの疑問にきちんと本気でぶつかり、取り組み、解決をさせていくということはイノベーションにおいて重要だと考えています。食べに行き、自分の足を使って疑問を解決する経験をきちんとした人は、一つ一つの言葉に実感がこもり、重みも出てくると思っています」(お店のコメント)

店舗名:カレーショップ志み津

所在地:東京都世田谷区船橋1-1-17 ジョイパーク千歳船橋B1-A

営業時間:LUNCH 11:30〜14:30 DINNER 18:00〜23:00

※OPEN初日の16日のみ17時からの営業

休業日:火曜日、カレーがおいしくできた日

店舗面積:22.0平方メートル

収容客席:カウンター7席 ソファ席3人

提供メニュー:特製うんこ味のカレー 400円〜 ソフトドリンク500円 アルコール600円〜

ホームページ:http://curryshopshimizu.com

Twitterアカウント:@unkocurryshop


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む