ニュース
» 2015年08月18日 10時56分 公開

自由研究におすすめ! 水がぷるっぷるんのぽよんぽよんになる実験をしたら新生物に出会えた

Twitterで約6万回リツイートされた「水をぽよぽよにする方法」を作って、さらにはぷよぷよやイクラに変身させてみた。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 おおお、水が、無重力空間で漂っているみたいにぽよぽよしている!

 今年5月、「水をぽよぽよにする方法」という画像がTwitterで約6万回リツイートされ話題になった。2種類の薬品を使うことで水の表面にスケスケの膜ができ、つまんだり手のひらに乗せたりできるようになるという、なんとも好奇心をくすぐるもの。

 小中学生にとって夏休みもあと約2週間――自由研究が手付かずで焦っている子もいるはずだ。材料がそろえば3時間くらいで作れてしまうので、ねとらぼ編集部でも“ぽよぽよ水”を作ってみた。

用意するもの

  • アルギン酸ナトリウム
  • 乳酸カルシウム(Ooho!では塩化カルシウムを使用)
  • ボウル3つ
  • ハンドブレンダー
  • 計量カップ
  • 計量スプーンのような底の深いスプーン
  • 重量はかり
画像 ずらりと用意。アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムはAmazon.co.jpで買ったものを使う

作り方

1.ボウルに1カップの水と1グラムのアルギン酸ナトリウムを入れ、ハンドブレンダーで混ぜ合わせる。気泡が無くなるまで約15分間放置。

2.別のボウルに4カップの水と5グラムの乳酸カルシウムを入れ、スプーンで混ぜ合わせる。

3.1で作ったアルギン酸ナトリウム水溶液を底の深いスプーンなどですくって、2の乳酸カルシウム水溶液に慎重に落とす。

4.3分間ゆっくりやさしくかき回す。

5.表面が固まったぽよぽよ水を穴あきスプーンなどですくい上げ、水をいっぱいにいれた別のボウルに入れ、化学反応を止める。完成。

画像 よっしゃー、作るどー!

画像画像 水1カップとアルギン酸ナトリウム1グラムをかき混ぜる。けっこう溶けにくいので、アルギン酸ナトリウムをちょっと入れては混ぜ、を繰り返すのがおすすめ

画像画像 気泡が無くなるまで15分ほど放置(左が放置前、右が後)。はちみつみたいな粘り気がある

画像画像 水4カップに乳酸カルシウム5グラムをかき混ぜる。こちらは溶けやすいので、スプーンなどで5〜10周ぐるぐる回す程度でOK

画像 左から、アルギン酸ナトリウム水溶液(A)、乳酸カルシウム水溶液(B)、いっぱいの水

画像画像 Aをお玉やスプーンなどですくって、Bへ玉になるよう落とす。すくう器具をBで濡らしとくとキレイな形で落としやすい

画像 3分ほどゆっくり混ぜると、表面にうっすらと膜が。ザルなどですくい上げてから別で用意した水に浸し、化学反応を止めます

画像 うおおおおお 実験者たち「何だこれ!」「なんかいるー!」

画像 ぽよぽよの水だぁぁぁ!

 完成したぽよぽよ水をボウルから引き上げた瞬間、「うおおおお」と興奮の声を上げてしまった。思った以上に透明度が高く、水が無重力空間じゃないのにその場にとどまっているような光景が新体験。なかの液体はかなり滑らかで、指で軽く叩いてみると全体がぷるっと振動する。表面の膜はつまんで持ち上げぷらぷら揺らせるほどの強度。ただし慎重に扱わないとちぎれて液体がバシャッとこぼれてしまう。

画像画像 大さじの計量スプーンで作った小さな「ぽよぽよ水」

 なぜぽよぽよになるのか。アルギン酸ナトリウムに含まれた「アルギン酸」とは、褐藻などに含まれている多糖類かつ食物繊維の一種で、ワカメやコンブのぬるぬるの素。これが乳酸カルシウムのカルシウムイオンと反応することで、「アルギン酸カルシウム」という水に溶けないゲル状の物質に変化する。ぽよぽよした膜の部分だ。アルギン酸カルシウムは人体への害もないため、人工イクラの皮膜に使われるなど、液体を包み込む手段として食品や飲食業界で幅広く活用されている。

画像画像 昨年は“食べられる水の容器”として話題になった

 そもそもぽよぽよ水は、2014年春に海外で話題になった「Ooho!(オーホー!)」という“食べられる水の容器(Edible Water Bottle)”(関連記事)が元ネタ。英国ロンドンの研究室「Skipping Rocks Lab」が、ペットボトルなどに代わってゴミを出さずに水を持ち運べる手段として発表したもので、大手世界メディアが取り上げたことで注目を集めた。その後レシピを米Webマガジン「Inhabitat NYC」が公開したことで、実際に作ってみる人なども現れてふたたび話題になっている。

 ――ということで、食べてみた。

画像画像 ぷちゅーっとなかの液体が口の中に流れ込んできたとき、独特の風味に顔をしかめてしまう

画像 外側の「食べられる容器」部分。こっちは歯ごたえがもモキュモキュしてステキ

 膜を吸うと、ぷちっとちぎれたところから液体が流れこんでくる。うーん、正直おいしくない。甘味、酸味、塩味、苦味、うま味はほぼ感じられず、ナトリウムとおぼしき独特な風味が口に広がる。食感もとろみが強く、水をイメージして飲むとギョッとする人がほとんどなのでは。基本的にはぷるぷるぽよぽよとした触感を楽しむのが吉!

 自由研究にしたい少年少女は、着色料など使えばゲーム「ぷよぷよ」や人工イクラなどいろんなものに変身させられるので、思いつくままの物体を作ってみて欲しい。どうしてアルギン酸じゃなくてアルギン酸ナトリウムを溶かさないといけないんだろう? など、1つ2つ疑問をぶつけて調べるだけでも、化学の世界も深く知れて楽しいよ!

応用その1 ぷよぷよ

画像画像 着色料(左)と、白い画用紙に黒目を書いて目ん玉を用意(右)

画像 (A)に着色料を入れて、(B)に落として膜を作って目ん玉を浸せば、ぷよぷよだー!

画像画像 いろんなぷよを組み合わせてみた。キレイな球体に作るのがなかなか難しいぶよ

画像画像 ちっちゃいサイズだとキレイな球体が作りやすいし、いっぱい作ってゲームも再現できる

応用その2 イクラご飯

画像 粘り気を強くしたいので、さっきよりも濃い目のアルギン酸ナトリウム水溶液を作る(水250ミリにアルギン酸ナトリウムを小さじ1〜2杯ほど)。ハンドブレンダーでかき混ぜたら特に気泡が無くなるまで待たなくてもいいので、黄と赤の着色料を2:1で入れてイクラの色にする

画像画像画像 これをスポイトなどを使って、イクラの大きさにして(B)に入れていく。ねとらぼ編集部では100円ショップで買ったドレッシング容器に入れ、スプーンにイクラのような粒を作っては(C)に落とす、を繰り返した

画像 適当に混ぜたら膜ができる。これめっちゃイクラだ! 水ですすいで完成!

画像画像 黒木「お願いします!」 太田「はーい」

画像 偽イクラ丼の完成。脳内記憶が「これうまいやつ」と命令を発する

画像画像 ほおばる。なかでぷちぷちっと弾けた瞬間「めっちゃイクラだ!」と錯覚しかけるけど、そこから無味無臭のとろっとした液体が口の中に広がって気分が下がった

画像 もちろん軍艦巻きにもしてみた

画像 編集部のたろちんと池谷に食べてもらう

画像画像 たろちん「うっ」 池谷「ふぁ、ふぁ、……」 2人「「まずい」」 おいしそうな見た目に反して無味無臭の味が広がるのがやはりダメだそうな。太田「食べたくなったからあとで本物のイクラ買おうっと」

画像 基本的には見た目や触感で楽しむのがおすすめ

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  7. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/13/news075.jpg ステージ3の秋野暢子、抗がん剤治療2クール目終了を報告 「ちょっと辛い時間もあった」
  10. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい