ニュース
» 2015年08月18日 12時55分 公開

鹿児島で開催予定だった九州最大級の花火大会 桜島噴火を警戒して中止に

噴火警戒レベル4に引き上げられている桜島。昨年来場者13万人超えの「かごしま錦江湾サマーナイト花火大会」の中止が決定。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 大規模な噴火が起こる可能性が高いとして、8月15日より噴火警戒レベルが4(避難準備)に引き上げられている、鹿児島県の活火山・桜島(関連記事)。これに伴い、22日に鹿児島市で開催予定だった花火大会「第15回かごしま錦江湾サマーナイト花火大会」を中止すると、18日に市が発表した。

画像 中止を発表する「かごしま錦江湾サマーナイト花火大会」公式サイト

 同大会は、2000年から8月に鹿児島市が主催している「九州最大級」をうたった花火大会。桜島が臨んだ錦江湾の海上で打ち上げ、桜島の対岸にある鹿児島港は毎年多くの観客で賑わう。昨年の来場者数は13万5000人、今年は1万5000発を上げる予定だった。

画像 昨年行われた第14回の様子

 大会は延期ではなく中止。理由は、桜島の噴火警戒レベル4への引き上げにより、打ち上げ時の警備体制など十分な安全確保が難しくなったことや、警戒レベルがさらに引き上げられるといった緊急時の対応を考慮したためとしている。事前に販売していた有料観覧席のチケットも払い戻すとして、詳細を公式サイトで公開中だ。

画像 18日12時40分ごろの桜島(気象庁「火山カメラ」より)

 気象庁によると、桜島は15日7時ごろから島内を震源とする地震が多発。島内にある傾斜計および伸縮計では山体膨張を示す急激な地殻変動が観測されていて、変化は一段と大きくなっている。昭和火口と南岳山頂火口から3キロ以内の有村町古里町では、大きな噴石と火砕流に厳重に警戒するよう呼びかけている。噴火警戒レベルが4に達したのは、レベルを運用し始めた2007年以降で初めてのことだ。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙