ニュース
» 2015年08月20日 15時03分 公開

復活する「檸檬」の舞台「丸善京都本店」にはレモン置き場がある というか黄色文具セットとか檸檬推しがすごい

わーい、レモン置けるぞーってレモンケーキまであるじゃないか。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 8月21日に10年ぶりの復活を果たす書店「丸善 京都本店」(関連記事)が、梶井基次郎の小説「檸檬」の舞台であったことにちなんで、店内にレモンを置くためのカゴを設けます。開店後は「檸檬」の文庫本を平積みするなど、同作に関するさまざまな企画を展開する予定です。

 「丸善 京都本店」は、初代となる店舗が1907年に京都・三条通麩屋町で開店。近代文学の名作「檸檬」において主人公が立ち寄り、積み重ねた本の上にレモンを置いて何食わぬ顔で去るというラストシーンの舞台として有名です。店舗は河原町通蛸薬師へと移転するのですが、2005年に閉店。当時は閉店を惜しむ文学ファンたちがラストシーンを真似てレモンを置き去っていったと話題になりました。

画像 梶井基次郎「檸檬」(新潮文庫)

 そして2015年8月21日、10年ぶりに店舗が京都市のファッションビル「京都BAL」地下1・2階にオープンするのですが、復活が決定したときも「レモンを置きたい」という声がネットなどで飛び交いました。本に直接置かれるのは難しいけど要望に応えたいということで、新店舗では地下2階のエスカレーター横にレモン専用のカゴを設置。18日のオープニングセレモニーではさっそく京都市長がカゴへ1個置いたそうです。

 このほか、レモンにちなんだ黄色いオリジナル文具の5点セット(500円)も、限定150セットで販売。レジで2000円以上購入した人には先着1万人までオリジナルノート「檸檬ノヲト」を配布したり、店内カフェでは京都本店限定でレモンケーキも提供したりと、「檸檬」に携わった企画を多数用意します。

 麩屋町時代から受け継いでいる鬼瓦や、丸善の店員が昔着ていた半てんと前掛けも展示するなど、老舗書店の歴史も感じられる場所となりそう。営業時間は11時から21時まで。

画像

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」