ニュース
» 2015年08月21日 11時00分 公開

Twitterで大反響 チーズのベーコン包み焼きが飯テロすぎたので実際に作ってみたねとめし

チーズとベーコンで作る飯テロ。ああ! う……美しすぎます!

[今井ゆかり,ねとらぼ]

 夏も残暑となってまいりました。徐々に涼しくなってきてはいるようですが、まだまだキンキンに冷えたビールや、オープンテラスで飲むサングリアといった夏のドリンクメニューの登場回数は減る兆しすらありません。そんな残暑をまだまだ楽しむのにうってつけな大正義おつまみにTwitterでは心を奪われる人が続出しているようです。

 ひいいいいなんだこれはーーー!? ベーコンに包まれたチーズがお皿の上でメルトしているではないか。Twitter上でも「美味しそう!」「飯テロ」と絶賛の嵐。

 もちろん筆者もこの投稿に心を奪われてしまった一人……。早速自分でも作ってみようとウキウキ気分でキッチンへ向かいます。

材料

  • スーパーで売っている丸いカマンベールチーズ(2個)
  • スーパーで売っている長いベーコン(たくさんあったほうが良い)
画像

 たったこれだけ。

1 カマンベールチーズを2段に重ねます。

画像

2 長いベーコンでチーズを包みます。

画像

【ベーコンを巻くときのポイント】

  • ベーコンの長さが足りなくなる可能性が高いので2枚のベーコンを組み合わせてあらかじめちょっと長いベーコンにする
  • ベーコンが十字になるように一巻きずつし、サイドをぐるりと巻くと強度のバランスが良い
  • 焼いているときにベーコンが崩壊しないようにややきつめに巻くこと
  • 更に互い違いにベーコンを組み合わせることで強度が上がる

3 熱したフライパンでベーコンがこんがりするまで焼く

画像

【焼くときのポイント】

  • 火加減は中火にする
  • ひっくり返す回数は最小限におさえるようにすると崩壊の危険度が下がる
  • フライ返しとトングがあると便利
  • サイドを焼くときはフライパンの縁を使って焼くと安全
  • ベーコンが剥がれてしまいそうなときは、焼く前に爪楊枝でベーコンを押さえておくと強度が増す
  • 爪楊枝を使うときはチーズに穴を開けないように注意する

4 盛りつけて完成!

画像

 それでは役者もそろったところで、いよいよ中のチーズがどうなっているのか確かめてみます。

 チーズがトロットロにメルトしててやばい。

画像

 焼いているときのベーコンの香ばしい匂いからしてもうノックアウト寸前でしたが、この見た目が加わったことにより深夜にもかかわらず、筆者のテンション最高潮。

 さて、気になるお味のほうですが……。

画像

 うっ! うまい〜〜〜〜〜〜〜!!

画像

 カマンベールチーズとベーコンが奏で出すハーモニーはさながら紅白おつまみ合戦。決して争わず手と手を取り合って最高のステージを作ってくれました。こりゃビールも進んじゃうね〜〜〜〜〜。わっしょ〜い!

 スーパーに売っている食材で簡単に作れてしまうのにこんなにも完成度の高いチーズのベーコン包み焼きは週末のちょっとぜいたくなお家パーティーに、気分を変えたい晩酌のお供に大活躍しそうです。

今井ゆかり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」