ニュース
» 2015年08月21日 18時01分 公開

「クラタス」に日米ロボット対決挑むMegaBots、ロボ強化資金をクラウドファンディングで募集

日米ロボット対決で戦う「Mk.II」の装甲や火力をパワーアップするため、50万ドルの支援を募集しています。

[ねとらぼ]

 日本の搭乗型ロボット「クラタス」(水道橋重工)に決闘を申し込んだ米国のロボット制作チームMegaBots(関連記事)が、日米ロボット対決に向けてクラウドファンディングで資金を募っています。

クラウドファンディングのページ

 資金募集はロボット対決で戦う「Mk.II」の強化のため。現在のMk.IIはペイントボールの長距離射撃で戦う軽量仕様で、至近距離でのバトルのため、装甲や火力などのパワーアップが必要。こうした基本的な強化に50万ドルが必要となります。

「Mk.II」
強化した「Mk.II」のコンセプト画像

 また勝利を確実にするため、各種武器のテストや、近接戦闘で倒れないためのバランス制御システム、操縦者の保護、本体の塗装の費用がかかり、総額で150万ドルかかるとのこと。

 クラウドファンディングでは50万ドルを目標額に設定。目標額を超えて資金が集まった場合は、金額によって追加の武器やバランス制御システムを開発。150万ドルに達した場合は、アーマーパネルにハリウッド級の塗装が施されます。

追加の武器

 支援は5ドルから可能で、コースによってWebサイトへの名前の記載、グッズ、ロボットの搭乗体験、ピットクルーとしての参加などさまざまな特典が用意されています。資金募集は9月18日までで、現時点では28万ドル以上集まっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10