ニュース
» 2015年08月23日 13時00分 公開

ウリは“平凡さ” 今ジワジワと浸透中の公務員お笑いコンビ“安定志向”とは

コンビ名はそのまんま職業が由来。

[青山ゆずこ,ねとらぼ]

 目まぐるしく移り変わるお笑い業界は「食うか食われるか」の超シビアな世界です。そんな中、大阪をはじめジワジワと人気を集めているのが、2人そろって公務員という異色の肩書を持つ女性お笑いコンビの“安定志向”。

「下剋上? 食うか食われるか? ……そんなのまったく気にしません。だって私たち、“安定志向”ですから」


画像 平々凡々が私たちの強みです
福田恵さん(写真右)と藤京子さん(写真左)

 福田恵さん(34)は大阪市職員。藤京子さん(32)は府職員(公立中学校の現役教師)として勤務する、肩書だけ見ればかなりお堅い2人。

「ふと思い立って、演劇仲間だった藤さんに、『M-1出てみーひん?』と私が誘ったのがきっかけです。でも2人とも見てくれも超フツーだし職業まで堅い。だったら少しでも印象に残るために、あえてそのままド平凡な地を売りだしてしまえ! と。コンビ名も『公務員=どうせ安定志向なんでしょ?』という世間のイメージをそのまんま名前にしてみました」(福田)

 2008年に結成し、過去にはM-1も3回戦進出を達成。ネタ合わせはそれぞれの仕事が終わったあとに公園でやることも多く、仕事が終わればお笑い芸人、朝がくればスーツをビシッと身にまとった公務員という両極端な二足のわらじ生活を過ごしています。

 さらに現在も芸人活動と並行して続けている演劇も加えれば、なんと三足のわらじになるのだとか……。

「公務員なので副業禁止規定で漫才やイベントの参加は全部ノーギャラなんですよ。もちろん休日など業務時間外に活動するので、私たちにとって漫才とは言ってみれば“業務外の過剰な市民サービス”。ほんまボランティア同然です(笑)」(藤)

 過去に大阪市西成区のプロモーションビデオに大抜擢されたというが、それも「公務員のため出演料がかからないこと」というのも理由だったとか……。さすが公務員、シビアな世界です。

自分の限界を決めない30代でありたい

 ギャラももらえず、過密スケジュールで活動しまくる彼女たち。なぜそこまでしてお笑いの道を歩き続けるのでしょうか。

「もともとお笑いが好きというのもありますが、自分がやってみたい! と思ったことに限界を作りたくないんです。それに出来ない理由を年齢のせいにして諦めたくもない。『公務員だから……』『もう30代だから……』『だって毎日忙しいもん』って、出来ない理由ならどんどん出てくるんですよね。芝居も好きだしお笑いも好き。そしてこの歳になってやっと仕事も面白くなってきた。まだ足掻ける余地は十分あるなって。一度きりの人生、限界なんか作ったらおもろくない。眠たささえ我慢すればどうにかなりますから(笑)。40代、50代になっても自分がどこまでいけるか見てみたいんです」(福田)

 そして相方の藤さんは二児の母でもある。母として、役者や芸人として、そして教師を加えると四足もわらじを履きこなすスーパーウーマンです……!

「まだまだ模索中で、履きこなすには程遠いですが……。でもネタがウケると単純にすごくうれしい。それに芸人として活動することで、ほかの芸人さんの生の技を直に見れて、間の取り方とか言葉の言い回しがすごく勉強になる。それが教職にもめちゃくちゃ役に立つんですよ。これは大阪の独特な文化かもしれませんが、大阪の子どもたちにとって“笑い”ってコミュニケーションや自己アピールにおいてもすごく重要なんです。だから発表会や文化祭などの人前で何かするイベントのときなどに、間や笑いの要素を伝えることでその子の良さをもっと引き出せるというか……。芸人をやっていて、教師としての引き出しもすごく増えました」(藤)

 異色と言われつつも、我が道を爆走する“実はカッコイイ女”な安定志向の2人。好奇心と行動力に関してはまったく安定志向ではなく、全速力で思うがままに突っ走ってます。やはり次のM-1も狙うはダークホースでの決勝進出?


画像 安定を好んだりシャカリキに突っ走ったり

「決勝です! といいたいところですが、準々決勝くらいまでいけたらもう夢のようです。……なんせ“安定志向”ですから(笑)」(福田)

「それに例え芸人としての知名度や人気があがっても、公務員をやめることはないと思いますよ。芸能人にはならないし、なれない。なんせ“安定志向”ですもん」(藤)

 ……安定を好んだり好まなかったり、異色の経歴と視点をもつ彼女たちから目が離せません。

(青山ゆずこ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  2. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  3. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声