ニュース
» 2015年08月25日 18時30分 公開

不倫SNSの情報流出で2人が自殺した可能性 運営元は50万ドルの懸賞金提供

「流出したお前の個人情報を手に入れた。友人や家族にばらまかれたくなければ金を払え」といった脅迫メールも確認されています。

[ねとらぼ]

 不倫専門の出会い系SNS「Ashley Madison(アシュレイ・マディソン)」から個人情報が流出した問題(関連記事)で、トロント警察が事件の経緯や、この件に関連して2人が自殺した可能性があることを明らかにしました。

警察の会見

 流出が発覚したのは7月12日。Ashley Madisonを運営するカナダのAvid Life Media(ALM)で社員が出社してPCを立ち上げると、画面に脅迫メッセージが表示され、AC/DCの曲「Thunderstruck」が流れました。脅迫の内容は、Ashley MadisonとEstablished Men(ALMが運営する別のサイト)を閉鎖しなければ盗んだ会員の情報をネットに流すというもの。犯人は「The Impact Team」と名乗っていました。

 ALMが警察に通報したのは8日後。そのときThe Impact Teamはすでに2人分の個人情報をネットに流していました。そして8月17日に3000万人以上の会員のリストがネットに公開され、19日にはALMのノエル・バイダーマンCEOのもとに「時間切れだ」というメッセージが届きました。メッセージの中で、Impact TeamはAshley Madison会員の90〜95%は男性で、女性のプロフィールは偽物だと主張しています。

時間切れを伝えるThe Impact Teamのメッセージ

 警察は、この事件により2人が自殺した可能性があると明らかにし、流出データが見られると称する詐欺メールも出回っていると注意を促しています。「流出したお前の個人情報を手に入れた。友人や家族にばらまかれたくなければ金を払え」といった内容の脅迫メールも確認されています。

 ALMは犯人の特定や逮捕につながる情報に50万ドル(約6000万円)の懸賞金を提供。警察は情報提供を呼びかけています。

トロント警察の会見

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む