ニュース
» 2015年08月31日 16時27分 公開

伝説のホームページ「愛生会病院」公式が普通な感じにリニューアル ネットでは「こんなの愛生会じゃない!」と理不尽な悲鳴

俺の知ってる愛生会病院と違う……。

[たろちん,ねとらぼ]

 かつて強烈すぎる見た目でネットを震撼させた愛生会病院(埼玉県久喜市)の公式サイト。2013年に惜しまれながら閉鎖した同病院のサイト(関連記事)が、まさかのリニューアルオープンをしていると話題になっています。……ってなんだこの普通なサイトは!

画像 普通だ……

 愛生会病院のサイトといえば、黒の背景に原色を多用した強烈な色使い、流れるメッセージや目が光る謎の招き猫の画像など、インターネット黎明期を思わせるセンスがさく裂していることで有名になったもの。多くのサイトが時代の変化とともに洗練されていく中、1998年の開設以降ほとんど変わらぬ「昔のホームページ感」を残し続け、「ネット上の世界遺産」としてネット民に長く愛されていました。

画像 俺たちの知ってる愛生会病院のサイト

 かつてのサイトは同病院の院長さんによる手作りだったそうですが、2013年7月に閉鎖。その後、理事長の交代などを経て今年3月ごろにドメインを変えてリニューアルされていたのですが、あのチカチカするデザインの面影すらない小綺麗なサイトになっていました。そんな……これじゃまるで病院のホームページだ……(病院のホームページです)。

画像 今年3月ごろにリニューアルされていたようです

 今になってこのことを知ったネット民の間では、「普通すぎる……」「こんなの愛生会病院じゃない!」「ひとつの時代が終わった感」など、悲しむ声が続出。せっかく病院らしくしたのに悲しまれるとはなんだか理不尽な気もしますが、それだけあの強烈なデザインは今も多くの人の心に焼き付いているようです。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ