ニュース
» 2015年09月03日 15時10分 公開

将来有望すぎる!! 小5の女の子がやりとげた夏休みの自由研究「オリジナル同人コピー誌」のクオリティが高いと話題に

最後尾札持ちます。

[高城歩,ねとらぼ]

 小学校5年生の女の子が夏休みにやりとげた自由研究「オリジナル同人コピー誌」のクオリティが高いと話題になっています。えっ、コピー誌……!?

 

 ペンネーム「みのむし」さんが作り上げたコピー誌のタイトルは「リコ博士とアンドロイドルナ」。おしゃれな天才発明少女・リコが朝昼晩、年中無休で発明したのは超かわいいアンドロイド・ルナちゃんだった! というオリジナルストーリーです。

 よく言えば研究に没頭する天才、悪く言えば「ひきこもり」で友達がいないリコ博士と、ちょっぴり毒舌で痛いところをついてくるアンドロイドのルナちゃん、そしてルナちゃんの謎の彼氏が繰り広げるテンポのいいコミカルな展開が魅力的。絵柄がとってもかわいいし、面白いぞこれー!


画像画像 表紙のポーズがよすぎる 画像提供:モリ淳史(@ATSUSHI_MORI)さん

 表紙の躍動感あふれるポーズにも心魅かれるものがありますし、奥付もしっかりしています。しかし、このクオリティの高さは、もしかして宿題でよくありがちな「親がつくっちゃいました」パターンなのでは……。それに対し、お父さんは「製本のフィニッシュワークと裏表紙以外は、セリフの打ち込みなどほぼ次女一人でやり遂げました」とコメント。す、すごい!! 次女すごい!! いや、みのむし先生すごい!!


画像画像 これは将来有望すぎますね

画像 なんというか、完璧なのよね

 実はみのむし先生のお父さんは漫画家のモリ淳史さん。「ゲーム以外であんなに作業に没頭する次女を見たのは初めてです」と娘の成長への驚きを述べるとともに、「早くノーギャラで働くアシスタントに仕立て上げたいです」という秘かな野望を語るパパ……。確かにこれだけ将来有望だと、期待しちゃうのも無理はないですね。

 長いようで短い夏休みの努力の成果。コピー誌の制作を通して学んだものは、これから大人になるにあたってかけがえのない財産になることでしょう。即売会などにサークル参加される際はぜひご一報を。最後尾札、持ちます!

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン