ニュース
» 2015年09月07日 13時22分 公開

使用中止が決まった五輪エンブレムグッズ、オークションサイトで価格高騰

コレクターにとっては、使用中止になった方がレアアイテム……?

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 使用中止が決定した佐野研二郎氏による2020年東京オリンピックのエンブレム。それをデザインしたポスターなどのグッズにプレミアがつき、「ヤフオク!」などのオークションサイトで高額で取引されています。


画像 「東京オリンピック ポスター」の「ヤフオク!」検索結果。1964年東京オリンピックのポスター、2020年の招致ポスターよりゼロが1個多い!

 大会組織委員会は9月1日、現在の状況では「一般国民の理解を得るのは難しい」として、同氏によるエンブレムの使用を中止することを正式に発表(関連記事)。また、取り下げの申し出を行った同氏も自身のデザイン事務所「MR_DESIGN」のWebサイトにて、批判、バッシングから家族やスタッフを守るために決断した、とその経緯を説明しています(関連記事)。

 同氏のエンブレムが、一度は採用されたものの使用されなかった幻の作品になったことで、それらをデザインしたグッズの価格がオークションサイトで高騰。ポスターの現在価格は4〜5万円と、かなりの高額になっています。なお、1964年東京オリンピックのエンブレム、2020年東京オリンピック招致ロゴをあしらったポスターの現在価格は、ゼロがひとつ少ない数千円台。使用中止により、かえってコレクターの心をくすぐるレアアイテムになってしまったようです。


画像

画像 使用中止により、プレミアが付いた幻のポスター

マッハ・キショ松


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」