ニュース
» 2015年09月15日 09時00分 公開

無限の可能性を感じる……! 好きな画像をどんな画風にでも変換できるプログラムがとっても楽しそう

イラスト・美術好きは必見!

[高城歩,ねとらぼ]

 画像をどんな画風にでも変換できるアルゴリズムを実装したプログラムが公開されています。お気に入りの写真が好きな画家の作風になる……!?



 IoT(Internet of Things)の専業会社であるPreferred Networksのリサーチャーが開発したこのプログラム。Googleの画像認識アプリなどでも利用されている「Deep Learning」を応用したアルゴリズムなのだそうで、画像内容とスタイル(画風)を分離して組み替えることによって、自分の意図する画風による画像を作り上げることができます。

 まず、プログラムに2枚の画像を入力。片方は自分の好きな画像・写真である「コンテンツ画像」、もう片方は指定したい画風の「スタイル画像」です。サンプルに上がっているのはかわいい猫の写真。いろいろなスタイル画像を指定して変換することで、様々な画風に仕上がっています! これは面白い!


画像 おおおお(画像はPreferred Networksのサイトより)

 特に美術作品をスタイル画像とすると、その画風をかなり良く再現し、色合いだけでなく、小さめの空間パターンまで似せて生成されます。「スタイル画像」は絵である必要はなく、寄木細工のような工芸品や、ロマネスコブロッコリーのようなフラクタル系の画像も「スタイル画像」としては優秀なのだとか。新聞や設計図のような画像でも、その特徴を抽出することができたというから驚きです。現在のところ画像は正方形に近いほうが美しく生成できるとのこと。


画像 ねこちゃんの写真がさまざまな画風に変換

 ちなみに、漫画作品やゲーム画面を指定して変換することも可能。これはいろいろと試してみたくなりますね。無限の可能性を感じる……!

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた