ニュース
» 2015年09月16日 08時00分 公開

米国防総省の機関が“自然に近い触覚”のある義手を開発 SF作品の世界にまた一歩近づく

“近未来”がやってきた。

[高城歩,ねとらぼ]

 アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)が“自然に近い触覚”のある義手を開発したことを発表しました。


DARPA アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)リリース

 脊髄を負傷したことにより半身不随の状態だったという28歳の被験者。脳と直接つながった義手を装着し、目隠しをした状態で生身の手と義手両方を触られる実験に参加しました。実験では、義手の指に触れられた際に、「手を触られている」という感覚を味わったとのこと。

 なお、1本の指に触れるとだけ告げて、本当は2本の指を触るという実験では、「誰かにイタズラをされたようだ」と被験者が冗談めかして回答。このような反応から、開発された義手が“自然に近い触覚”を持っていることが分かったとDARPAの研究者は語ります。


画像 ジョンズ・ホプキンス大学の研究室が義手を組み立てました

 義肢と使用者の間で双方向のコミュニケーションが成立することが確認され、義肢の開発はあらたな局面を迎えました。不慮の事故や病気などで手足が不自由になった人や手足を失ってしまった人を救う新たな手段として研究がさらに活発化しそうです。

 また、全身または身体の一部をサイボーグ化するなど、SF作品やアニメでよく目にする世界がそう遠くない将来やってくるかもしれません。


画像 “近未来”が到来するぞ……

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」