ニュース
» 2015年09月17日 17時54分 公開

海外でセックス用ロボットに反対するキャンペーン開始 “性交渉”用途のロボット開発の発展を危惧

一方で、すでに市場も開かれているようです。

[高城歩,ねとらぼ]

 “性交渉”という用途で開発されるセックスロボットに反対するキャンペーンが海外で発足しました。


セックスロボット反対キャンペーン セックスロボット反対のキャンペーンサイトより

 キャンペーンのリーダーはロボット倫理学が専門のキャスリーン・リチャードソン博士。セックスロボットを「男女、大人と子ども、そして男性同士、女性同士の関係において悪影響を及ぼしかねない」と問題視すると同時に、社会においてロボット技術がどのように使われるべきかを今一度考えてほしいと警告しています。

 また、キャンペーンサイトも公開し、ロボットの倫理に関する宣言文などを掲載。セックスロボットがジェンダーに不平等をもたらすことを危惧(きぐ)し、積極的に反対していく構えとのこと。


セックスロボット反対キャンペーン ロボット倫理に関する記述

 一方で、海外を中心にセックスロボットへの市場はすでに開かれており、一部ではこのような用途を想定することがロボット技術の発展や洗練に寄与するのではないか、という考えもあることから、セックスロボットを巡る倫理は根深い問題となりそうです。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」