連載
» 2015年09月18日 12時00分 公開

かわいい4コマと、詳細なコラム 読むだけで行った気になる? 『教会巡りin五島列島』司書メイドの同人誌レビューノート

秋葉原のカルチャーカフェ「シャッツキステ」の司書メイドことミソノが、同人誌のディープな魅力を紹介する連載企画。同人誌の用語を解説していく「ミソノ流ワンポイント用語解説」も必見。

[eBook USER]

 一般にはあまり出会う機会のない同人誌。アニメやマンガのパロディや、コスプレの写真集などさまざまなジャンルがありますが、こちらの連載では、私設図書館「シャッツキステ」の司書メイド・ミソノが、オリジナル創作や評論ジャンルの同人誌を中心にご紹介します。作家の「好き」が形になった同人誌、その魅力を体感してください。

教会巡りin五島列島 教会巡りin五島列島

紹介する同人誌

タイトル:『教会巡りin五島列島』

サークル名:マタタビMIX

形態:A5 56ページ 表紙カラー 本文モノクロ

Webサイト:http://www.matatabimix.com

同人誌入手先:マタタビMIXさんのWebサイトから(http://www.matatabimix.com/order_round_in_church.html

連絡先(mail):cat@matatabimix.com


 風がすっかり秋めいて、どこかへ旅するにはよい季節になりました。前回は北海道の蜃気楼の本を紹介しましたが、今回は長崎の島にある教会をめぐる旅行記同人誌です。

島の教会めぐりに出発!

 長崎の島に、古い教会が多くある……というのは聞いた事があったのですが、「島の中だけで50教会がある」という冒頭に出てきた言葉に、早速びっくり。そんなにあるんですねぇ! 本では教会をめぐるモニターツアーに参加された様子を、4コマまんがとイラストがふんだんに使われたコラムでリポートされています。さすがに解説は島内の幾つかの教会に限られているのですが、さっぱりとした、親しみやすい絵柄の4コマで、出発からいきなりエンジントラブルに見舞われたフェリー様子から、実は離脱者続出のハードなモニターツアーの様子、ミサの時間を知らせるのは鐘の代わりにホラ貝で! など、目を白黒させながらも教会めぐりを楽しむ様子がいきいきと伝わってきます。

何気ない情報量がぎっちりと!

 教会はほとんどが高台にある→高台にある教会を訪ねる→心臓破りの坂登り! でもその先にあるのは、重厚な白い天井と、床に敷かれた真っ赤なじゅうたん、柱の木目が美しい教会や、椿の花のモチーフが柱についた、パステルカラー色の教会。わー! 何てすてきな描写なのでしょう。しかも道々で出会った教会の様子をはじめ、教会の建築方法、教会を建てた建築家さんのこと、名物の幻のうどんのことまで、詳細につづられたコラムページも合わせると、すごい情報量が1冊に詰まっています。2010年に発行された本なので、今では変わってしまった部分もあるかもしれませんが、時を経ても役立ちそうな情報もたくさん! 絵柄も文字もかわいらしくて、読みやすく構成されているので、キリスト教の豆知識まで、興味深く読みました。

 紙面では、ハードな教会めぐりのスケジュールに作者さんははあはあ息を切らしていますが、読者のわたしはわくわくページをめくるだけですてきな教会建築への気持ちが高まる。申し訳なくも、何と楽ちんなのでしょうか!

教会に靴を脱いで上がる! ちょっとした驚きから、教会めぐりの楽しさを感じます 教会に靴を脱いで上がる! ちょっとした驚きから、教会めぐりの楽しさを感じます

細部まで行き届いた、繊細な雰囲気の紙面

 こちらの本、写真が一枚もないんです。丁寧なリポートは全てイラストと文章で構成されています。細密に描かれた教会のイラストや、かわいい飾り枠で囲まれたコラムに、本作りへの細やかな気配りが感じられます。そして、その細やかな気持ちは、4コマやコラムで、ちょっと添えられた作者さんの一言からも強く感じることができます。「窓ガラスに手描きの花柄模様。はげかけているところがたまらない」と書かれれば、わたしも紙面のこちら側で、「そうそう、古びて味が出てくるものってありますよね。実物はどんな感じかしら〜」と思いをめぐらせ、「長崎の教会でおやっと思ったのはお祈りする女性や子供たちがベールを被っていたこと」とのコメントに、その様子を想像してみたり。「ようやくわかってきました 島の人たちの独特のおかし味が」の一言には、島を歩いて、触れ合った方ならではの視点に、ほっと息をついて、「いつかわたしも訪ねてみたいな」という気持ちになったのです。

ミソノ流ワンポイント用語解説

聖地巡礼

 「大好きな作品の舞台になった場所を見に行く」という意味でも使われますね。刑事ものが好きな方から「私の周りでは『地取り(じどり)』って呼んでるよ」と教えてもらったことがあります。大切な場所を巡礼して風景を心に刻むか、絵柄の構図やたどり着く時間などを丹念に検証しつつ足取りを追うか……。いろんな旅する楽しみがありますね。

ミソノ:いつでも優しい笑顔で、皆の心をいやしてくれる。普段は大きな図書館で司書をしており、司書ならではの本に関するお話は、日常では知る機会の少ない情報満載で、一聞の価値あり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  2. /nl/articles/2206/29/news152.jpg 整形男子アレン、“歯抜け”も生じた深刻トラブルを解決 高額で入れ替えた歯の再施術も「一生ものではない」
  3. /nl/articles/2206/28/news174.jpg バーガーキングが“超巨大バーガー食べ放題”実施 約1700キロカロリーのバーガーを食べまくれる
  4. /nl/articles/2206/29/news003.jpg ゴールデンレトリバー「他のおやつがほしいのおおおー!!」 荒ぶるワンコのまさかの行動に飼い主爆笑【米】
  5. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  6. /nl/articles/2206/29/news139.jpg ゴルフ開始2カ月のダレノガレ明美、初ラウンドで驚きのスコアをたたき出す スタイル抜群のフォーム披露
  7. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  8. /nl/articles/2206/29/news118.jpg 幸せいっぱいでほっこり! 粗品、結婚後初の家族ショット 妻子と肩寄せ合う後ろ姿に「温かい愛感じます」
  9. /nl/articles/2206/28/news169.jpg ドラマ「ER」「クリミナル・マインド」の俳優メアリー・マーラ、61歳で溺死 川で遊泳中に溺れたか
  10. /nl/articles/2206/28/news025.jpg 野犬の群れで育った子犬を保護、初めはおびえていたが…… 心を開いて大きく成長したビフォーアフターに感動

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」