ニュース
» 2015年09月20日 10時58分 公開

スポーツの秋にちょっと変わった運動会はいかが? 「SM玉入れ」など珍しいスポーツ(?)で競い合う「珍動会」開催

優勝チームには国内旅行券が贈呈されます(ガチ)。

[浅井由起子/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 大人の、大人による、大人のための健全なスポーツの祭典。その名も「珍動会」が、9月21日に記念すべき第1回として大阪で開催される! いや、それにしても……“ウン”ではなく、何が“チン”だというのか。ただの下ネタか!? 


画像 珍動会

 珍動会とは、「珍しい+動きで競い合う+大会」の略らしい。どんな珍しい動きで競い合うのか、注目競技の一部を紹介してみよう。

 まずは「まるでハードル走」。ポイントは“まるで”というところで、つまりはエアーハードルを真剣に跳び、見る者の目にあたかもハードルがあるかのように見せる演技力・身体能力が問われる競技だという。ハードルに片足が引っかかり態勢を崩すなど、ヒヤリ感を誘う演技はポイントが高そうだ。


画像 まるでハードル走(イメージ図)

 そして「SM玉入れ」。1チームに1人、マゾヒスト男子をカゴ役に選出できればスタートライン。あとは女性達が玉と罵声を男性に投げかけてあげればそれでいい。ただし、普通と違うのはSが出現する点。敵チームからサディスティック女王がムチと共に登場し「よがってんじゃねぇよ」とばかりに男性のタマタマを攻撃するという。あ、男性が持つカゴの中の玉々を、落とす攻撃をするのだ。


画像 SM玉入れ

 とはいえ、これはただの馬鹿げた大人の悪ふざけだけではないらしい。主催者のコンセプトには、「笑い」と「人と人との繋がり」を融合させたかったという熱いメッセージが込められているという。時には真剣にふざけようじゃないかという、大人だからこそ参加すべき運動会なのかもしれない。

 ちなみに模擬店も出店予定らしいが、そのうちのひとつは主催者の嫁によるメシブース。また、優勝チームには賞品として「世界一の秘境・ウユニ塩湖のすごいキレイな写真」が授与される。それだけでなく、ホンモノの「国内旅行券」もチーム全員に贈呈されるというから、これは真剣にふざけなくてはならない。

 大人だって時にははめをはずし、思う存分馬鹿げたい。そんな心の声を具現化してくれたのがこの大会。シルバーウィークの予定にぜひ組み入れてみてはいかがだろう。

珍動会

日時:2015年9月21日

会場:CCO クリエイティブセンター大阪 STUDIO PARTITA(パルティッタ)

住所:大阪市住之江区北加賀屋 4-1-55 名村造船跡地(地下鉄四つ橋線「北加賀屋駅」から徒歩6分)

TEL:06-4702-7085


(浅井由起子/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」