ニュース
» 2015年09月21日 09時53分 公開

呪文のような謎の食べ物が密かな話題  知らないと出遅れる「モーモーチャーチャー」

変な名前!

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 一度聞いたら耳から離れなくなる「モーモーチャーチャー」という名前の謎の食べ物がある。成城石井で販売し、密かなブームになっているらしい。一体どんな食べ物なのだろう? 「チャーチャー」という響きから、チャーハンのような食べ物なのだろうか。はたまた「モーモー(牛の鳴き声)茶茶」という牛乳仕立てのティーなのか。食べてみたい!

 期待と不安で成城石井の店内をうろつくも、一向に出逢わない「モーモーチャーチャー」。しびれをきらし店員さんに聞いてみた。

記者「モーモーチャーチャーはありますか?」

店員さん「はい、売り場をご案内します」

 連れて来られた先で目を疑った。「モーモーチャーチャー」の正体は、こんなものだった!


モーモーチャーチャー モーモーチャーチャー

 実はこれ、マレーシアでは定番のスイーツらしい。見た感じはプリンアラモードか、あんみつか、かき氷の「白くま」といったところ。甘そうではあるが、どういう系統のスイーツなんだろう。食べてみることにする。


モーモーチャーチャー

 ……うまい!

 ベースは、ココナッツのブラマンジェにカスタードのようなソースがのっていて、トッピングとして自家製の羽二重餅、さつまいも、赤エンドウ豆、ヒヨコ豆が添えられている。洋と和がうまいこと融合された、新感覚のスイーツだ。

 しかし一体なぜ「モーモーチャーチャー」を販売するに至ったのか? 成城石井に聞いてみた。

――なぜマレーシアのスイーツを販売しようとしたのでしょう?

「近年、成城石井ではフォーやシンガポール風ラクサなどエスニック系の惣菜が人気で、スイーツの領域でも何かないかと探していました。そこで見つけたのがこの『モーモーチャーチャー』なんです」

――売れゆきのほどは?

「おかげさまで販売当初から売上が良く、現在でも伸び続けている商品です」

――いただいてみたのですが、あんみつみたいな印象を受けました。上のトッピングを食べないと、なかなかメインにたどり着けませんね。

「……えっ!(沈黙)」

――???

「あ、いえ……。あの、もしかして“モーモーチャーチャー”せずにお召し上がりになりましたか?」

――モーモーチャーチャーする、とは?

「モーモーチャーチャーするというのは、マレー語で“ごちゃまぜ”という意味なのですが、お汁粉のようになるまでまぜてから食べると、具材のハーモニーが楽しめてよりおいしく感じるはずです。ぜひ試してみて下さい」


モーモーチャーチャー モーモーチャーチャーするらしい……


モーモーチャーチャー

 なんと、この「モーモーチャーチャー」という不思議な名前は、食べ方のことを差していたのだ。さっそく、モーモーチャーチャーして再度食べてみることに。

 まずは、まぜあわさったソースを一口。滑らかな舌触りで、ココナッツとバニラの甘みが見事に調和している。 続いて二口目。今度は赤エンドウ豆と一緒に食べてみる。……これはうまい! 豆の塩みが、ソースの甘さと絶妙な具合に! 絡ませることによって、甘さがさらに引きたったようだ。次は一番大きな具材、まるっと入った自家製の羽二重餅を食す。食感はモチモチとしてほどよい弾力は変わらずキープ。洋風な甘味との相性も良く、食べごたえは抜群! 他にもサツマイモやヒヨコ豆もゴロゴロと入っており、二重、三重、四重にも味わいや食感が変化。最後の一口まで大満足のうちに完食。

 見た目も、味も、食べ方も、日本ではないスイーツ「モーモーチャーチャー」。“これは来る!”と確信。ぜひ成城石井で「モーモーチャーチャー」をゲットしてみてほしい。

(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙