ニュース
» 2015年09月21日 09時53分 公開

呪文のような謎の食べ物が密かな話題  知らないと出遅れる「モーモーチャーチャー」

変な名前!

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 一度聞いたら耳から離れなくなる「モーモーチャーチャー」という名前の謎の食べ物がある。成城石井で販売し、密かなブームになっているらしい。一体どんな食べ物なのだろう? 「チャーチャー」という響きから、チャーハンのような食べ物なのだろうか。はたまた「モーモー(牛の鳴き声)茶茶」という牛乳仕立てのティーなのか。食べてみたい!

 期待と不安で成城石井の店内をうろつくも、一向に出逢わない「モーモーチャーチャー」。しびれをきらし店員さんに聞いてみた。

記者「モーモーチャーチャーはありますか?」

店員さん「はい、売り場をご案内します」

 連れて来られた先で目を疑った。「モーモーチャーチャー」の正体は、こんなものだった!


モーモーチャーチャー モーモーチャーチャー

 実はこれ、マレーシアでは定番のスイーツらしい。見た感じはプリンアラモードか、あんみつか、かき氷の「白くま」といったところ。甘そうではあるが、どういう系統のスイーツなんだろう。食べてみることにする。


モーモーチャーチャー

 ……うまい!

 ベースは、ココナッツのブラマンジェにカスタードのようなソースがのっていて、トッピングとして自家製の羽二重餅、さつまいも、赤エンドウ豆、ヒヨコ豆が添えられている。洋と和がうまいこと融合された、新感覚のスイーツだ。

 しかし一体なぜ「モーモーチャーチャー」を販売するに至ったのか? 成城石井に聞いてみた。

――なぜマレーシアのスイーツを販売しようとしたのでしょう?

「近年、成城石井ではフォーやシンガポール風ラクサなどエスニック系の惣菜が人気で、スイーツの領域でも何かないかと探していました。そこで見つけたのがこの『モーモーチャーチャー』なんです」

――売れゆきのほどは?

「おかげさまで販売当初から売上が良く、現在でも伸び続けている商品です」

――いただいてみたのですが、あんみつみたいな印象を受けました。上のトッピングを食べないと、なかなかメインにたどり着けませんね。

「……えっ!(沈黙)」

――???

「あ、いえ……。あの、もしかして“モーモーチャーチャー”せずにお召し上がりになりましたか?」

――モーモーチャーチャーする、とは?

「モーモーチャーチャーするというのは、マレー語で“ごちゃまぜ”という意味なのですが、お汁粉のようになるまでまぜてから食べると、具材のハーモニーが楽しめてよりおいしく感じるはずです。ぜひ試してみて下さい」


モーモーチャーチャー モーモーチャーチャーするらしい……


モーモーチャーチャー

 なんと、この「モーモーチャーチャー」という不思議な名前は、食べ方のことを差していたのだ。さっそく、モーモーチャーチャーして再度食べてみることに。

 まずは、まぜあわさったソースを一口。滑らかな舌触りで、ココナッツとバニラの甘みが見事に調和している。 続いて二口目。今度は赤エンドウ豆と一緒に食べてみる。……これはうまい! 豆の塩みが、ソースの甘さと絶妙な具合に! 絡ませることによって、甘さがさらに引きたったようだ。次は一番大きな具材、まるっと入った自家製の羽二重餅を食す。食感はモチモチとしてほどよい弾力は変わらずキープ。洋風な甘味との相性も良く、食べごたえは抜群! 他にもサツマイモやヒヨコ豆もゴロゴロと入っており、二重、三重、四重にも味わいや食感が変化。最後の一口まで大満足のうちに完食。

 見た目も、味も、食べ方も、日本ではないスイーツ「モーモーチャーチャー」。“これは来る!”と確信。ぜひ成城石井で「モーモーチャーチャー」をゲットしてみてほしい。

(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響