ニュース
» 2015年09月24日 19時20分 公開

わがまましちゃうのは、お兄ちゃんが大好きだから 「干物妹!うまるちゃん」にほっこりあのキャラに花束を

守ってあげたい、その笑顔。

[たまごまご,ねとらぼ]

 2007年。「干物女」という言葉が流行語大賞にノミネートされました。恋愛をめんどくさがり、家でだらしない生活をしている女性のことを指す単語でした。

 しかし2015年の今「干物なんちゃら」と言ったら、ときめく人は多いはず。干物妹!うまるちゃんがかわいいから!


画像 公式サイトより。ジャンクフード、甘いもの、ぬいぐるみ、ゲーム。だらだら日常を過ごす幸せこそジャスティス


干物妹とはなんぞ?

 「干物妹(ひもうと)」と呼ばれているのは、ヒロインの土間うまる。普段学校では学業優秀、眉目秀麗、性格よしといいとこ尽くし、非の打ち所のない女子高生です。立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花。


画像 原作2巻の表紙。本来はこんな完全無欠の超絶美人です

 ところが家に帰ってくると、その完璧さをすべて捨て、お気に入りのフードをかぶり、頭身も二頭身に縮みます。家事は一切せず、パソコンでネットをダラダラ眺め、ゲームをひたすらプレイし、寝転がってマンガを読む。ポテイト(ポテチ)とコーラが大好物。足をダバダバ動かしてわがままをいう、グータラさんに。

 ああ、残念美人! でも困ったことに、「だらしない」姿を見せる部分こそが、愛しい。



本当にだらしない妹はかわいいのか?

 うまるは、兄の土間タイヘイとの二人暮らし。会社員のタイヘイは、家計を支え、家事全般をしてうまるを養っています。でもうまるは、わがまま。ダラダラ、ゴロゴロ、食う寝る遊ぶ。

 文字だけで見ると大変よろしくない。うまる、もう少しちゃんとしろよと。ところが「干物妹!うまるちゃん」はなぜか、見ていてイライラがたまらない。ほっこり幸せな気分になれる。理由は三点。

 一つは外うまると家うまるの描き分け。外うまるの完璧さを美人で表現する一方で、家うまるはチンチクリン。小動物的に描かれることで、彼女に対しての庇護欲がかきたてられます。タイヘイの膝枕で寝ている幸せそうな顔のうまる。焼き肉を頬張りながらコーラ飲んでいる時のうまるの笑顔。こんな顔見たら、守ってあげたくもなっちゃうよ。一方でタイヘイが親のように、ダメなことはきっちり叱り、できたらしっかり甘やかす、双方のバランスを取っているのも、安心して見ていられるキモ。オープニングだけでも、家うまるがどんな様子なのかわかります。



 二つ目は妹キャラが4人いること。メインヒロイン4人中4人が妹という驚異の妹率。うまるのクラスメイトの友人本場切絵には、タイヘイの同僚の、アフロでノリが軽くてトラブルメーカーな兄、通称「ぼんば」がいます。妹に「大っ嫌い!」と言われるタイプの兄です。同じくクラスメイトの橘・シルフィンフォードは、ハイテンションお嬢様。兄はタイヘイの後輩のドイツ出身のアレックス。オタク。同じアパートに住む海老名菜々の兄は、現在行方不明。妹側からの、兄に対しての四者四様の見方が描かれるため、比較しながら見られます。色々な兄妹の姿があるからいいのです。

 三つ目は、うまるがお兄ちゃんを大好きなこと。うまるは、モデムにコーラをこぼして壊してしまい、ネットができなくなったとき、タイヘイにお金をもらって(お兄ちゃん甘い!)、まんが喫茶7時間コースに挑戦したことがあります。彼女のようなダラケ人間には、至福の時間、だったはず。ところがフードをかぶっても家うまるになれない。4時間残して、家に帰ってからやっと笑顔になれます。「ただいま! お兄ちゃん!」

 二人は、兄妹暮らしなのにワンルーム。それぞれの部屋はありません。二人で百円ショップに行って、買い物ではしゃいだりもします。タイヘイが作ったピーマンを炒めたものをいやがるうまるは、彼が手の込んだハンバーグを作ると申し訳なく感じて、「今度から普通に炒めたピーマンでいいよ」と言ったこともありました。OPの「わがまま放題は、大好きの裏返し」という歌詞に、心がほんわか。

 原作五巻では、どの二人組がいいか、という組み合わせ人気投票が掲載されました。タイヘイに恋をする少女海老名菜々との人気カップリング、「海老名×タイヘイ」をおさえて、「家うまる×タイヘイ」が堂々一位。ちなみに三位は「外うまる×タイヘイ」。


画像 外では完璧美人。家では気を抜いて、わがままな素を見せる、とっても愛しい大切な妹(BDパッケージより)

 家族愛あふれる兄妹の関係。描かれるのは、「安心できる家庭」への憧憬(しょうけい)です。「干物」が家族愛ゆえに生まれる信頼関係として幸福が成立するのなら、それでいいんじゃないかな。

 9月27日19時からは、最終回直前一挙振り返りニコニコ生放送が行われます。1話から11話まですべて見ることができます。最終回に備えて、みんなでUMR合唱をしよう!



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む