わがまましちゃうのは、お兄ちゃんが大好きだから 「干物妹!うまるちゃん」にほっこりあのキャラに花束を

守ってあげたい、その笑顔。

» 2015年09月24日 19時20分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 2007年。「干物女」という言葉が流行語大賞にノミネートされました。恋愛をめんどくさがり、家でだらしない生活をしている女性のことを指す単語でした。

 しかし2015年の今「干物なんちゃら」と言ったら、ときめく人は多いはず。干物妹!うまるちゃんがかわいいから!


画像 公式サイトより。ジャンクフード、甘いもの、ぬいぐるみ、ゲーム。だらだら日常を過ごす幸せこそジャスティス


干物妹とはなんぞ?

 「干物妹(ひもうと)」と呼ばれているのは、ヒロインの土間うまる。普段学校では学業優秀、眉目秀麗、性格よしといいとこ尽くし、非の打ち所のない女子高生です。立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花。


画像 原作2巻の表紙。本来はこんな完全無欠の超絶美人です

 ところが家に帰ってくると、その完璧さをすべて捨て、お気に入りのフードをかぶり、頭身も二頭身に縮みます。家事は一切せず、パソコンでネットをダラダラ眺め、ゲームをひたすらプレイし、寝転がってマンガを読む。ポテイト(ポテチ)とコーラが大好物。足をダバダバ動かしてわがままをいう、グータラさんに。

 ああ、残念美人! でも困ったことに、「だらしない」姿を見せる部分こそが、愛しい。



本当にだらしない妹はかわいいのか?

 うまるは、兄の土間タイヘイとの二人暮らし。会社員のタイヘイは、家計を支え、家事全般をしてうまるを養っています。でもうまるは、わがまま。ダラダラ、ゴロゴロ、食う寝る遊ぶ。

 文字だけで見ると大変よろしくない。うまる、もう少しちゃんとしろよと。ところが「干物妹!うまるちゃん」はなぜか、見ていてイライラがたまらない。ほっこり幸せな気分になれる。理由は三点。

 一つは外うまると家うまるの描き分け。外うまるの完璧さを美人で表現する一方で、家うまるはチンチクリン。小動物的に描かれることで、彼女に対しての庇護欲がかきたてられます。タイヘイの膝枕で寝ている幸せそうな顔のうまる。焼き肉を頬張りながらコーラ飲んでいる時のうまるの笑顔。こんな顔見たら、守ってあげたくもなっちゃうよ。一方でタイヘイが親のように、ダメなことはきっちり叱り、できたらしっかり甘やかす、双方のバランスを取っているのも、安心して見ていられるキモ。オープニングだけでも、家うまるがどんな様子なのかわかります。



 二つ目は妹キャラが4人いること。メインヒロイン4人中4人が妹という驚異の妹率。うまるのクラスメイトの友人本場切絵には、タイヘイの同僚の、アフロでノリが軽くてトラブルメーカーな兄、通称「ぼんば」がいます。妹に「大っ嫌い!」と言われるタイプの兄です。同じくクラスメイトの橘・シルフィンフォードは、ハイテンションお嬢様。兄はタイヘイの後輩のドイツ出身のアレックス。オタク。同じアパートに住む海老名菜々の兄は、現在行方不明。妹側からの、兄に対しての四者四様の見方が描かれるため、比較しながら見られます。色々な兄妹の姿があるからいいのです。

 三つ目は、うまるがお兄ちゃんを大好きなこと。うまるは、モデムにコーラをこぼして壊してしまい、ネットができなくなったとき、タイヘイにお金をもらって(お兄ちゃん甘い!)、まんが喫茶7時間コースに挑戦したことがあります。彼女のようなダラケ人間には、至福の時間、だったはず。ところがフードをかぶっても家うまるになれない。4時間残して、家に帰ってからやっと笑顔になれます。「ただいま! お兄ちゃん!」

 二人は、兄妹暮らしなのにワンルーム。それぞれの部屋はありません。二人で百円ショップに行って、買い物ではしゃいだりもします。タイヘイが作ったピーマンを炒めたものをいやがるうまるは、彼が手の込んだハンバーグを作ると申し訳なく感じて、「今度から普通に炒めたピーマンでいいよ」と言ったこともありました。OPの「わがまま放題は、大好きの裏返し」という歌詞に、心がほんわか。

 原作五巻では、どの二人組がいいか、という組み合わせ人気投票が掲載されました。タイヘイに恋をする少女海老名菜々との人気カップリング、「海老名×タイヘイ」をおさえて、「家うまる×タイヘイ」が堂々一位。ちなみに三位は「外うまる×タイヘイ」。


画像 外では完璧美人。家では気を抜いて、わがままな素を見せる、とっても愛しい大切な妹(BDパッケージより)

 家族愛あふれる兄妹の関係。描かれるのは、「安心できる家庭」への憧憬(しょうけい)です。「干物」が家族愛ゆえに生まれる信頼関係として幸福が成立するのなら、それでいいんじゃないかな。

 9月27日19時からは、最終回直前一挙振り返りニコニコ生放送が行われます。1話から11話まですべて見ることができます。最終回に備えて、みんなでUMR合唱をしよう!



たまごまご


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  2. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/12/news114.jpg 「これは吐きそうw」 マクドナルドが公開した“狂気のアイテム”にツッコミ殺到 「ギットギトになる」「笑った」
  5. /nl/articles/2407/11/news018.jpg そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  6. /nl/articles/2407/11/news102.jpg この本棚、本当に250冊入るの? LOWYAのスタッフが“忖度なし”で検証したら……まさかの結果が45万回再生の人気
  7. /nl/articles/2407/10/news199.jpg ヤマト運輸のコンテナを運ぶ列車をじっくり見ると……? 唐突な“夢の共演”に反響「動物同士仲良く」「これが本当の便乗」
  8. /nl/articles/2407/10/news082.jpg こういうのでいいんだよ! 外泊経験豊富な人ほど納得できるホテルの“ある工夫”に850万表示「これは助かりますねぇ」
  9. /nl/articles/2407/09/news116.jpg ユニクロ“夏の神ワンピ”を66歳主婦が着てみたら…… シニア世代必見の着こなし術に「待ってました!」「涼しそうでいいですね〜」
  10. /nl/articles/2407/12/news143.jpg フジ「ぽかぽか」の出演者、“生放送中に倒れ”スタジオ騒然の事態に「えっ大丈夫ですか!?」 共演者が当時の恐怖証言「頭が真っ白」「お願い戻ってきて……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」