ニュース
» 2015年10月01日 10時00分 公開

もしかしてだけどこれってあのアイドル? 謎のコーラスバンド「ここなにさにまる♪」がMixChannelで新キャンペーン?【PR】

[ねとらぼ]

 今、全国の女子中高生たちから圧倒的な支持を得ている動画コミュニティーアプリといえば「MixChannel」(通称:ミクチャ)。

 月間動画再生数は5億5000万回、アプリは400万ダウンロードを突破したミクチャに現れた謎のコーラスバンド「ここなにさにまる♪」を君はもう見たか? す、す、すげぇーーーーーーイイ! まだ数本の動画しか投稿されていないけど、すでに180万回以上再生され、コメント欄も大にぎわいなミクチャ界の風神と化している。

 百聞は一見にしかずということで、まずは彼女たちが投稿したものの中からこちらをどうぞ。

「それ全然分かんない」を、合唱してみた

数学できない集団

 うん、とってもかわいいね。このような「絵に描いたような学園生活の楽しい1コマ」は、普段なら自分には関係なくなってしまったものとして悲しい気持ちになりつつスルーするのだけれど、ここなにさにまる♪には、「よくもやりやがったな!」という、いい意味で裏切られた感じで胸がいっぱいになる。もちろんやましい心など一片もない。

 自分でも何を書いているのか分からなくなってきたけれど、つまり自分が声を大にして言いたいのは、「ここなにさにまる♪ってアイドルユニットの私立恵比寿中学(エビ中)じゃないの?」という疑問である。

 ここなにさにまる♪のプロフィールには“合唱にハマるJK8人組の共有垢”としか紹介されていないので、最初は「そっくりさんかな?」と思ったし、万が一にでも間違えたら“若い人がみんな同じ顔に見えるおじさん”の烙印(らくいん)を押されてしまう。でも、「#元バンド少女」「#いつか終わりが来る」「#合唱部作りたい」といった意味深なハッシュタグなどを見るにつけ、その疑念はますます募ってくるのである。これが恋かな(多分違う)。

 「妄想たくましすぎだろ!」と思われるかもしれないが、8人組の「元バンド少女」という辺りから考えてみよう。

私立恵比寿中学 参考・私立恵比寿中学メンバー(画像出典:私立恵比寿中学オフィシャルブログ)

 私立恵比寿中学といえば新世代アイドルの旗手として「仮契約のシンデレラ」、最近だと「夏だぜジョニー」といった曲をリリースしているが、バンドというよりはやっぱりアイドル。

 でも、思い起こせば半年前の2015年3月。新宿でとあるスペシャルライブが実施された。そこに登場したのは8人組ガールズユニット「五五七二三二〇」。先んじてYoutubeで公開した楽曲「半世紀優等生」を初めて公の場で披露した彼女たちの正体こそ、私立恵比寿中学だったのだ。

五五七二三二〇 五五七二三二〇(画像出典:五五七二三二〇 オフィシャルサイト)

 五五七二三二〇は私立恵比寿中学。ロックなテイストの半世紀優等生を歌う彼女たちをバンド少女とするのに無理はないだろう。半世紀優等生に続く楽曲はまだリリースされていないので、とりあえず“元”という言葉もしっくりくる。何より、「ここなにさにまる♪」が「五五七二三二〇」の仮名読みだとしたら……謎はすべて解けた! 

 その真偽はさておいて、ここなにさにまる♪のコメント欄でも、「可愛すぎて鼻血w これ誰も真似できんやろーなw」「元合唱部です♪ オシャレで可愛くてキレイな歌声ですね!(誰かに似てるような...笑)」「めっちゃエビ中じゃない?!笑笑 あ、歌綺麗ですすてき」「エビ中ー! ここなにさにまる♪って五五七二三二〇のこと? みんなかわいい 元バンド少女って書いてるし!!」などの意見も。これはもう間違いないだろ!

 「本当かよ?」と訝しげなそこのあなた。だまされたと思って見てご覧なさいって。9月28日に公開された動画はメガネが落ちてチラリと素顔がのぞいているから。

あっメガネが!

 なぜMixChannel上で彼女たちが合唱しているのかはまだよく分からないけれど、ともかく少女たちよ、あなたたちの元気が明日の日本の活力だ! ここなにさにまる♪の動画を延々とループしているとそんな気になってくるから不思議なものである。

提供:日清シスコ株式会社

アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ 編集部/掲載内容有効期限:2015年10月30日


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」