ニュース
» 2015年10月02日 14時45分 公開

くっ、果たし状か!? 時代劇っぽい矢文が「矢文レター」として現代に登場

画面の中のあの子からの手紙という設定で部屋に飾りたい。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 矢に手紙をくくりつけ、届け先に直接放たれる「矢文」。漫画や時代劇で見かけられる伝達手段で、足元や壁に鋭くタンッと突き立つ矢の演出はなかなか印象的でした。そんな矢文を現代に甦らせた「矢文レター」が「鼠屋ちゅう吉」で販売されています。価格は777円(税込)となかなか縁起のよいお値段。

矢文レター 刺さってる! このままインテリアにしたい

 矢の大きさは20センチ。先端はマグネットで、本物の矢のように飛ばすことはできませんが、いろんな場所にくっつけて「矢が刺さった」状態を再現できます。

矢文レター 矢文レター

 セットには小川和紙の便せんが1枚入っており、筆ペンを使ってメッセージを書きこむとさらに雰囲気が増します。書きあがった文をたたんで結べば矢文の完成。会社のホワイトボードや自宅の冷蔵庫に立てておけば、かなり目立つ伝達メモになります。現代でも思いのほか有効活用できそうです。


 矢は岩槻ひな人形小道具職人によって一本一本手作りされた工芸品なのだそう。今まさに撃ち込まれたような羽のシルエットが見事に出ていて、和のかっこよさ溢れる一品です。


(ウグイラン)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響