ニュース
» 2015年10月03日 09時00分 公開

これは来世に期待しちゃう 納豆をかき混ぜるたびに功徳がどんどん積まれていく「マニ車付き納豆かきまぜ棒」誕生

カランッカランカランカランッ。

[高城歩,ねとらぼ]

 チベット仏教において回転させた数だけ経を唱えるのと同じ功徳があるとされている仏具「マニ車(まにぐるま)」も、食を愛する日本人の手にかかればこうなる。「マニ車付き納豆かきまぜ棒」の誕生です。



画像 この発想はなかった 画像提供:げんれい工房さん(@Genrei_studio)

 「マニ車付き納豆かきまぜ棒」は、小型のマニ車(マニ・ラコー)の持ち手に納豆かき混ぜ棒を取り付けた最強の仏具。取っ手部分はレジンキャスト製で金色に塗装し、かき混ぜるリズムに合うように分銅の鎖を少し長めに改良したそうです。納豆を混ぜれば混ぜるほど、その動きにあわせてマニ車が回転し、功徳がどんどん積まれていきます。


画像 納豆と功徳が結びついた奇跡

【試作】マニ車付き納豆かきまぜ棒

 制作したげんれい工房さんによると、このマニ車は「孤独のグルメ season4」の特別編「真夏の博多出張スベシャル」での台詞「納豆をかき混ぜると言う行為、それは祈りだ。」を聞いて思いついたとのこと。食と祈りを結びつける日本人らしい精神を持った五郎がいなければ生まれなかったんですね……!


画像 祈りだ……(そしてこの生活感である)

 すごい発想だな! と感心する一方で、「そんな風にマニ車を使うだなんて怒られるんじゃないの?」と思う方も多いはず。大丈夫。チベット仏教の本場では、水力や風力を使って回すマニ車があったり、車のダッシュボードに光を受けて回り続けるソーラーパネル付きのマニ車をつけていたり……徹底的な効率化をはかっています。利用できるものはありがたく使わせていただくスタンスのようです。その点「マニ車付き納豆かきまぜ棒」は人力であることを考えると、浅慮ながら「これはかなり徳が積めるのでは」とドキドキしてしまいます。

 チベット仏教では、すべての生きとし生けるものは輪廻転生すると考えられており、人々は「来世」の幸せを願って祈りをささげるのだとか。次第に粘り気を増していく納豆をかき混ぜながら、来世に期待。


高城歩


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む