ニュース
» 2015年10月05日 11時40分 公開

イチロー選手がメジャーでまさかのピッチャーデビュー 最速143キロの好投を披露

やっぱりイチローがナンバーワン!

[たろちん,ねとらぼ]

 米大リーグ、マーリンズのイチロー選手が、4日(日本時間5日)のフィリーズ戦でピッチャーとして公式戦に初登板しました。MLB公式に動画も公開されています。ピ、ピッチャーもできるんですか!?

 三回の守備からライトで途中出場したイチロー選手は八回、まさかの4番手ピッチャーとしてマウンドへ。2安打を浴びて1失点したものの、最速89マイル(約143キロ)のストレートやスライダーなどの変化球を織り交ぜた投球で続くバッターたちを打ち取り3アウト。チームメイトたちが興味深そうに見守る中、野手の初登板としては十分な好投を見せました。

ピッチャーイチロー イチロー、まさかのピッチャーデビュー

ピッチャーイチロー チームメイトもニヤニヤしちゃってます

ピッチャーイチロー 元ピッチャーの41歳とは思えない投球を披露

 実はケガで野手に転向するまでは、ピッチャーとして甲子園にも出場しているイチロー選手。1996年のオールスター戦でもピッチャーとして登場したことがありましたが、プロ公式戦でマウンドに立ったのは日米を通じて初めてのことです。

 消化試合的な意味合いの強いシーズン最終戦で、2-6と点差もつけられていた場面ではありましたが、「イチロー投手」のデビューは日米のネット上でも「イチローがピッチャーとかウソだと思ったらマジだった」「41歳で140キロ超えるとかすごすぎる」などと大きな話題に。以前からピッチャーというポジションに対する憧れや未練を公言することのあったイチロー選手。41歳にしてメジャーのマウンドに立つという大きな夢をかなえ、「イチロー伝説」に新たな1ページを加えました。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む