ニュース
» 2015年10月09日 18時00分 公開

Appleによる制裁か 「マンガ無双」「マンガ姫」などのアプリメーカー・Nagisaがアカウントごと削除される異例の措置に

以前より他社コンテンツの流用、アダルト漫画の配信などで問題となっていました。

[アップトーキョー,ねとらぼ]

 アプリ開発メーカー・Nagisaの提供するiPhoneアプリが、10月7日にApp Storeからすべて削除されていたことが分かりました。それまでは20本近くあった「Nagisa-inc.jp.」名義のアプリですが、現在は検索しても1本も表示されない状態。

 また10月8日の深夜には、それまでApp Storeで“nagisa”と入力すると検索候補に表示されていた“nagisa-inc.jp.”も消滅。これは検索インデックスから社名が削除されたことを意味し、アカウントの抹消であることが分かります。


画像 App Store検索画面より

画像 ランキングからNagisaのアプリのみすっぽりと抜けています

画像 検索結果からも「nagisa-inc.jp.」が消滅


100万ダウンロードを超える人気アプリを多数リリース

 Nagisaによると、同社では2015年7月までで累計2000万ダウンロードを超える実績を残しているそうです。人気アプリも多く、無料マンガアプリ「マンガ無双」「マンガ姫」などは、合計200万ダウンロードを超えてApp Storeランキングの常連となっていました。

 さらに動画撮影・編集アプリ「SLIDE MOVIES」と「GOODTIME」でも500万ダウンロード。また放置育成ゲームとして、無料総合ランキング1位の「今日、彼女が死んだ」、ランキング3位「お金を愛しすぎた少女」、ランキング11位「49人目の少女 」なども話題となっていました。


画像画像 同社の代表的アプリ「マンガ無双」と「マンガ姫」。合計200万ダウンロード以上の人気マンガアプリ

画像 若年層に人気の動画編集アプリ「SLIDE MOVIES」

 また数多くのライセンシー企業ともコラボしており、よしもとクリエイティブ・エージェンシーとの協業による「今日、NON STYLEの井上が死んだ」「ラッスンゴレライ! 感染列島〜8.6秒バズーカー公式アプリ〜」、サンリオとの協業で100万ダウンロードを超えた「おさんぽハローキティ」や「おでかけマイメロディ」などもありますが、こちらは提供先企業での配信のため削除されていませんでした。



度重なる“規約逸脱行為”がBANの原因?

 ただ、上記マンガアプリでは、Appleの審査のときだけ「一般作品」を読むことができるようにしておき、審査通過後に「サーバースイッチ」と呼ばれる技法で、隠していた「アダルト漫画」を配信するという、かなりグレーな手法も行われていました。

 このためAppleからはたびたび警告を受けており、そのたびに「該当するマンガアプリがApp Storeから削除される → サーバースイッチをアダルト非表示に戻して再申請 → 審査通過後、アダルト作品を再び配信 → App Storeから削除」を繰り返していたことから、今回の措置へ至ったのではないかと業界内ではウワサされています。


画像 「マンガ姫」のランキング推移。アプリに問題があったり、規約違反が見つかるとAppleによりランキング圏外へ落とされたり、ストアから削除されたりすることがあります。「マンガ姫」はまさにその典型でした(ランキング出典:AppAnnie

 また今年7月には「恋する図書館」にて、他の出版社サービスに投稿された小説が無断で閲覧できるとして問題となり、サービスを終了して謝罪文を掲載する事態となりました。この中でNagisaは「新しいサービスの企画、開発を行う際は、法律的、倫理的な観点で問題無いか確認することを義務付けるともに、全社への法律的、倫理的教育の徹底を行う」と伝えていました。



アカウントごとBANされるのは極めてまれなケース

 今回のように企業名義のアプリが一斉に削除されて、App StoreのアカウントがBANされてしまうのは極めてまれで、相当数のAppleによる警告を無視するなど、あまりにも規約から逸脱した場合にしか考えられません。果たして法律的、倫理的な観点で問題とならないようなアプリビジネスを行っていたのか疑念が残ります。

 今回の件についてNagisa広報に電話で問い合わせたところ、「お客様に大変ご迷惑をおかけして申し訳ない」と前置きしつつ、「10月6日の深夜から10月7日の早朝にかけて、App Storeから削除となったことは把握していますが、経緯と状況については確認中で、すべて不確定となります。社内で取りまとめている最中のためコメントできません」との回答でした。また削除は深夜となりましたが、当該時間帯に社員が勤務していた実態はない(=社員が自主的にアプリを削除した可能性は低い)そうです。



追記

 10月9日夜、Nagisaサイト内に「App Storeにおける弊社デベロッパーアカウントに関して」とのお知らせが掲載されました。デベロッパーアカウントの停止措置を受けたのは事実で、詳細については現在Appleに確認中とのこと。併せて、「これまで弊社アプリケーションの開発環境の提供から、審査、およびApp Storeでの配信をしてくださっておりました米アップル社に多大なご迷惑をおかけしたことを真摯に受け止め、開発及びサービス運営の体制改善の着実な履行を、社を挙げて取り組んでいく所存」とコメント、また関係者やユーザーに対し「ご迷惑、ご心配をおかけしたことに深く、お詫び申し上げます」と謝罪しています。



アップトーキョー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声