ニュース
» 2015年10月12日 20時00分 公開

藩に帰るまでが参勤交代です 「超高速!参勤交代 リターンズ」来年公開、主演の佐々木蔵之介さん京都国際観光大使に

さらに超高速になって交代する!

[ねとらぼ]

 「参勤」したら「交代」するのが参勤交代! 佐々木蔵之介が主演する映画「超高速!参勤交代」が“リターンズ”として超高速で帰ってきた。

 弱小の湯長谷藩が金も時間も人手もない中、藩主の内藤政醇を筆頭に精鋭6人で“とんでもない”知恵を使って見事、「参勤」を実現し、藩の取り潰しの危機を免れたのが前作。行きの「参勤」でお金も体力も使い果たした政醇たちだったが、帰りの「交代」までが「参勤交代」だった……。最後の力を振り絞り「交代」をはじめた一行を再び数々の無理難題が降りかかる。

超高速!参勤交代

 現在、京都で撮影中。そんな中、佐々木蔵之介さんが京都がロケ地となる作品に多数出演しているだけでなく、出演作が海外の国際映画祭でも上映されている京都市出身の俳優として京都国際観光大使に任命された。

 「このたびは国際観光大使に任命いただき、本当に光栄に思っております。私は京都に生まれ京都に育ちました。鴨川で遊び、御所に蝉取りに行ったり野球しに行ったり。夏は祇園祭に行って宵山の夜店で遊び、そして大文字の五山の送り火を見て『やばい、夏休み終わる!』みたいな(笑)。『宿題どうするねん!』みたいな感じで育ってきました。京都の町、文化、食、そして人に育てていただきました。町中で時代劇が撮影できる、すぐにロケが出来る。こんな所は世界でもそうそう無いんじゃないか、と思っており、改めて京都の魅力を今、実感しています」とコメント。

超高速!参勤交代超高速!参勤交代

 「今回は金どころか、城までなくなる。それに前回の倍は走る。撮影は前より過酷。衣装の鉢巻き、たすきはドロドロです」と映画の見どころについてもアピールした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む