ニュース
» 2015年10月14日 11時00分 公開

ベイマックスはコワすぎだった……? フジテレビのネット番組「真夜中のニャーゴ」で「コワすぎ!」特集 白石監督も出るよ!

「コワすぎ!」着々と広がってる……!

[池谷勇人,ねとらぼ]

 フジテレビがネットなどで配信・放送する「真夜中のニャーゴ」で、白石晃士監督のフェイクドキュメンタリーホラーシリーズ「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」(関連記事)を特集した企画「コワすぎ!ファンクラブ」が3回にわたり放送されます。第1回は10月12日に放送済みで、第2回・第3回は10月19日・10月23日にそれぞれ放送予定。

 月曜パーソナリティのBase Ball Bear・小出祐介さんと、金曜パーソナリティ・金田淳子さんによる合同企画。第1回は小出さんをメインパーソナリティに、金田さんがゲストとしてお邪魔する形で「コワすぎ!」シリーズの魅力が語られました。


画像 放送前の小出祐介さんと、音楽ライターの南波一海さん

 金田さんが見はじめたのは比較的最近で、きっかけは「周りの人がやたら薦めてきたから」だったそう。しかし真壁先生(FILE-04に登場した霊能力者)のコスプレで登場し、怪しい腕飾りをスーパーの袋に入れてスタジオに持ち込むなど入れ込みようはかなりのもの。手描きのフリップで登場人物たちを紹介しつつ、「スーパーの袋がいかに万能であるかを我々はこの作品で知った」などと力強く語っていました。


画像 金曜パーソナリティの金田淳子さんがゲストとして乱入

画像 番組は「コワすぎ!」ビギナーの南波さんに、金田さんと小出さんが「コワすぎ!」の魅力をプレゼンする形で進行

 また、もともとフェイクドキュメンタリーホラーが大好きで、特に白石監督も参加していた「ほんとにあった呪いのビデオ」シリーズのフリークとして知られる小出さんは、「ほん呪」からの流れで自然に「コワすぎ!」に辿り着いていたそう。


画像 「キャラ萌え」中心な金田さんとは対照的に、作品の構造から「コワすぎ!」の魅力を語る小出さん

 「ほん呪」視点で見た白石監督は、それまで心霊映像を紹介するだけだけでオチがなかった「ほん呪」シリーズに、はじめて本格的なドラマを持ち込んだ人だった、と小出さん。「コワすぎ!」については「フェイクドキュメンタリーではなく、フェイクドキュメンタリーという構造をうまく使った別の何か」「もはや質感の問題だけで、ハリウッドリメイクされてもおかしくない」などと大絶賛。さらには「コワすぎ!」を見すぎてもはや“白石脳”になっていると言い、ついには「ベイマックス」の最後に出てきた異世界描写が“白石空間”(「コワすぎ!」独特の異世界表現)そっくりだったと熱弁、「ベイマックスはコワすぎ」という謎の持論も展開していました。


画像 説明のために、スーパーの袋から呪具(イメージ)を取り出す金田さん

画像 2人のテンションに若干引き気味だった南波さん

 今回は第1回ということで、過去作品の振り返りと、小出さん・金田さんによるファントークが中心でしたが、19日・23日の回にはいよいよ白石監督がゲストとして登場。19日が白石×小出回、23日が白石×金田回となるそうです。なお、第1回を見逃してしまったという人でも、番組のアーカイブは後日サイトで公開予定。また10月17日22時からの「真夜中のニャーゴ 振り返り再放送」でも再放送される予定とのことです。

 来年まで新作の予定がない「コワすぎ!」のファンにとっては、貴重な「コワすぎ!」成分補充のチャンス。また白石監督が登場するということは、もしかしたらニコニコ生放送の出演時のようなサプライズも……(勝手な期待)。


画像 番組終了後の3人

 「真夜中のニャーゴ」は、フジテレビが2015年4月に立ち上げた、24時間生放送・配信の「ホウドウキョク」で月曜〜金曜の平日23時〜25時に生放送中です。番組はnottvおよびフジテレビオンデマンド、無料専用サイト(www.houdoukyoku.jp)から視聴可能。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」