ニュース
» 2015年10月16日 08時00分 公開

イギリスでスーパーファミコンのボックスアート集が登場 豪華な作りにファンもうっとり

レトロゲーマーはマストバイ。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 「クロックタワー」「聖剣伝説」「超魔界村」……なつかしいあのゲームたちが、カタログになって戻ってきます。イギリスで発売予定のこのカタログは、スーパーファミコンで発売されたタイトルのボックスアート(パッケージイラスト)を集めた書籍で、中身はスーパーファミコン本体にはじまり、「スーパーボンバーマン」や「スーパードンキーコング」など250タイトル以上が収録されています。海外の本なのに、収録タイトルはなんとすべて日本版というこだわりようです。


画像 豪華な装丁がコレクター欲をくすぐります

 企画したのは、Super Famicom Guy(@superfamicomguy)という異名を持つ、レトロゲームコレクターのスチュアート・ブレットさん。スコットランド人の彼は特に日本のスーパーファミコンのソフトがお気に入りで、日本のソフトを買ってきてはTwitterにコレクション写真を投稿するマニアぶり。それでカタログの収録タイトルが日本のスーパーファミコンソフトばっかりなんですね。

 そんなスチュアート・ブレットさんですが、昨年任天堂ファンたちのイベントでこのカタログを製作することを宣言。ところが、パッケージアートやスーパーファミコン自体の著作権の関係から、一時は制作を断念せざるをえなくなったんだとか。

 そんな中、イギリスの出版社ビットマップブック社が交渉役に名乗りを上げてくれたそうです。


画像 スーパーファミコンの、なつかしいあの姿がワクワクしますね

 本の編集には名だたるメンバーが参戦。任天堂公式マガジンやのスタッフはもちろん、Amiga Formatという著名なパソコン雑誌のスタッフや、プレイステーション公式マガジンのスタッフまで数多くのスタッフが勢ぞろいしているようです。


画像 かつてのスクウェアやエニックスのタイトルももちろん掲載

 2016年の前半に発売予定ということ以外まだまだ判明していませんが、もし予約が開始されたら商品ページで告知されるようなので、欲しい方はこまめにチェックしておくのをおすすめします!


(大里ミチル)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む