ニュース
» 2015年10月16日 13時09分 公開

「デモに参加した孫が還らぬ人に」悪質デマツイートに東京地裁がIPアドレス開示を命じる決定

特に悪質性が高かったことから今回の決定が下されたようです。代理人の斎藤弁護士にお話を伺いました。

[高城歩,ねとらぼ]

 虚偽の投稿に長女の写真を無断で転用され、肖像権が侵害されたとして、新潟市の大嶋陽夫妻が米・ツイッター社側に発信者の情報開示を求めて仮処分を申し立てていた件について、東京地裁はIPアドレスなどの開示を命じる決定を9月30日付で下しました。


画像 問題となった虚偽のツイート(モザイク処理を施しています)

 Twitter上で虚偽のツイートが行われたのは7月26日。無断転用された写真は、昨年大嶋夫妻が長女と集団的自衛権をめぐるデモに参加した際に夫妻自らが投稿したもの。虚偽ツイートの投稿者は写真を利用したうえ、長女の祖父母になりすまし「安保反対国会前デモに連れていかれた、我が孫、聖羅が熱中症で還(かえ)らぬ人になってしまいました」などの文面を記載していました。実際、長女は「聖羅」という名前ではなく、現在も元気に過ごしていることが明らかになっています。

 IPアドレスはネットワークで用いられる識別番号であり、ネット上の住所に相当するもの。代理人の斎藤裕弁護士に直接お話を伺ったところによると、今回のように発信者情報の開示が命じられるのは過去の裁判例にもなく、珍しいことだそうです。高い悪質性が認められたことが大きな要因だと推測されます。

 また、これから同じように虚偽のツイートによる無断の写真転用がなされるという事件が起きた場合も、ケースバイケースではありますが、投稿内容に悪質性が認められれば同様の判決が下される可能性が高いそうです。


画像 大嶋陽さんの投稿より(モザイク処理を施しています)

 なお、今後はプロバイダーに投稿者の情報を求める方針。斎藤弁護士によると、プロパイダーに投稿者の開示が命じられる可能性は十分にあるとのこと。プロバイダー側の対応如何によっては投稿者の特定につながると考えられます。


高城歩


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ