ニュース
» 2015年10月19日 14時30分 公開

黎明期のビデオゲームが遊び放題! 「あそぶ! ゲーム展」は思わず時間を忘れる楽しさだった

“世界初のビデオゲーム”も展示されています。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 埼玉県川口市にある「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム」で、10月3日から企画展「あそぶ! ゲーム展 ステージ1:デジタルゲームの夜明け」が開催中です。世界初のビデオゲームと呼ばれる「テニス・フォー・ツー」や、商業ゲームとして初めて大成功をおさめた「ポン」など、ゲーム黎明期の作品を実際にプレイしながら、ゲームの歴史について学ぶことが可能。中にはかなり貴重な作品もあり、他では体験できないユニークな企画展となっています。


画像 副題は「ステージ1:デジタルゲームの夜明け」。他のゲーム展と異なり、ビデオゲーム黎明期に絞った展示が特徴

画像 20タイトル以上のレトロゲームが、プレイ可能な状態で展示されています

 今回展示されているのは、1958年の「テニス・フォー・ツー」から、1982年の「ムーンパトロール」まで約25タイトル。1982年と言っても、日本ではまだファミコンすら発売されていなかった時代で、ゲームの歴史の中でも本当にごく初期に絞った内容となっています。その分、最初は点と線だけだったゲームにやがて色が付き、ヒトやクルマといったキャラクターが登場し、ゲームのバリエーションも増え……といった具合に、少しずつゲームが進化し、複雑化・多様化していく様子が分かりやすく展示されていました。


画像 「世界初のビデオゲーム」と言われる「テニス・フォー・ツー」。オシロスコープを使った対戦型のテニスゲームでした

画像 点と線だけですが、ちゃんとテニスっぽい動きを表現。もともとは展示用に作られた作品ですが、当時は大盛況だったそう

画像 こちらも黎明期のゲームとして有名な「スペースウォー!」

画像 ご存知「ポン」。商用ビデオゲームとしてはじめて大ヒットした作品です

画像 もちろんこれも実際にプレイ可能

画像 タイトーの「スピードレースデラックス」。ここでやっと日本のゲームが!

画像 下から上へ進んでいくタイプのレースゲーム。実際遊ぶとかなりのスピード感

画像 “幻の問題作”と言われている「デスレース」。実機での展示はかなり貴重!

画像 アクセルとハンドルを使って、歩いているゾンビ(?)たちをひき殺していきます

画像 1970年代終盤になると「ギャラクシアン」や「平安京エイリアン」など見慣れたゲームが一気に増えます

画像 1980年代になると「ドンキーコング」や「クレイジークライマー」なども登場

 また、企画には「スペースインベーダー」の西角友宏さん、「パックマン」の岩谷徹さんも協力。この2タイトルは特に大きく展示されており、貴重な開発資料やインタビュー映像なども見ることができました。


画像 「スペースインベーダー」は特集コーナーで大きく展示

画像 貴重な開発資料も

画像 こちらは「パックマン」。見学に来ていた子供たちからは「これ知ってる!」という声も

画像 久しぶりに遊ぶと難しい……

画像 「パックマン」の開発資料。迷路の形が完成版と違う!

 入場料は大人510円、子ども250円(常設展と共通)。一部整備中のものもありましたが、展示されているゲームはほぼすべて実際に遊ぶことが可能です。休館日は毎週月曜(祝日の場合は翌平日)、開館時間は9時30分〜17時まで。

 最初期のゲームとはどういうものだったのか、どういう過程を経て進化してきたのかを、実際に触りながら体験できる貴重な機会。今回の「ステージ1:デジタルゲームの夜明け」は2016年2月28日まで実施される予定です。


画像 親子連れで遊びに来ている人も

画像 デジタルゲームの歴史が一望できる年表

画像 常設展では映画やテレビといった「映像」の歴史や、映像制作の背景などが展示されており、こちらも見ごたえ十分でした

展示ゲーム一覧

  • テニス・フォー・ツー(1958年/ブルックヘブン国立研究所)
  • スペースウォー!(1962年/マサチューセッツ工科大学)
  • コンピュータースペース(1971年/ナッチング・アソシエーツ)
  • ポン(1972年/アタリ)
  • スピードレースデラックス(1975年/タイトー)
  • マンイーター(1975年/PSE)
  • デスレース(1976年/エキシディ)
  • ブレイクアウト(1976年/アタリ)
  • スペースインベーダー(1978年/タイトー)
  • ジービー(1978年/ナムコ)
  • フットボール(1978年/アタリ)
  • スターファイヤー(1978年/エキシディ)
  • ギャラクシアン(1979年/ナムコ)
  • 平安京エイリアン(1979年/電気音響)
  • アステロイド(1979年/アタリ)
  • パックマン(1980年/ナムコ)
  • クレイジークライマー(1980年/日本物産)
  • スクランブル(1981年/KONAMI)
  • スペースフューリー(1981年/セガ・インタラクティブ)
  • ドンキーコング(1981年/任天堂)
  • ムーンパトロール(1982年/アイレム)など


(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)TAITO CORPORATION 1978 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)SEGA
(C)Konami Digital Entertainment
(C)HAMSTER Co.
(C)IREM SOFTWARE ENGINEERING INC. All rights reserved.
(C)Nintendo



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」