ニュース
» 2015年10月21日 14時15分 公開

考えすぎた結果がこれだよ! 日本水道協会のポスターの女の子が闇&病みを放ちまくっている

水野くんがミネラルウォーターを買ったらどうなってしまうのか。

[コンタケ,ねとらぼ]

 日本水道協会がPRとして発行してるポスターが、すさまじい病みを感じさせると話題になっています。マンガになっており、一見さわやかなのですが……。




日本水道協会2015ポスター 3コマめまでは普通

 木の陰から、蛇口の水を飲む野球部員男子を眺める女の子。男子がいなくなるとダッシュし、自分も同じ蛇口から水を飲みます。そして赤面しながら……。


セリフ お、おう……

「さっきまで水野くんが飲んでた水道水飲んじゃったぁ!! おいしーい!! でも、この水って当たり前に出るものじゃないんだよね!! 日本の高い水道技術のおかげで、水道に適切なメンテナンスがなされて、水野くんと私の元に安全で美味しい水が届いているんだよね!! 水道の維持には莫大なお金がかかるみたいだけど、老朽化していく水道施設を定期的に更新して行かなくちゃいけないし、いざというときに水が止まらないためにも耐震化にしっかり取り組んでいかないといけないな!! 私と水野くんは水道でつながってる!!」

 と、心の中で叫びます。長い、長いよ。長すぎて吹き出しがコマぶち抜いちゃってるよ。水野くんが水道水を飲んでるだけで、イマジネーションふくらませすぎです。もはや何に対して赤面しているのか、まったく分かりません。あと、多分あなたと水野くんは、水道でつながってない。

 また、ポスターの一番下に「みんなで考えたいね、日本の『水道水』。」とありますが、この子はちょっと考えすぎじゃないですかね。蛇口の水を飲んでいる人を見ただけでみんながここまで「考える」社会は、ちょっと怖い。


セリフ 考えすぎた結果がこれだよ!

 Twitterではこのポスターに対し、「ヤバい」「ヤンデレみたいなヒロイン」「この女怖い」「きょうふ」といった意見が上がっていました。本当に怖い。









 ちなみにこのポスター、2014年バージョンもあります。シチュエーションはほとんど同じで、女の子が水を飲む水野くんを見かけて心の中でこう思うのです。


日本水道協会2014ポスター 2014年バージョン


セリフ2 お、おう……

「水道局に勤めてるうちのお父さんががんばって管理してることによってここまで届いている水道水をおいしそうにガブ飲みしてるっ! うれしいなぁっ…! 日本の水道技術はすごいから、安全でおいしい水なんだよ! 水野くんにおいしい水を届けるためには、古くなった水道施設を新しくして行かなきゃならない! いざというときに水が止まらないためにも、地震への備えも大切だよね! お父さん、水野くんのために、お仕事がんばって欲しいなあ…! そんなお父さんを、私も応援しなきゃ…!」

 そうだね、どっちかというと水野くんよりお父さんのことばっかり考えてるね。この子、本当は水野くんのことそこまで好きじゃないのでは……?

 日本の水道技術のすごさはよく分かりましたが、この子は本当に怖い。もし水野くんがミネラルウォーターを飲んでいるところを目撃してしまったら、一体どうなってしまうのでしょうか。貯水タンクとかに沈められないか心配です。皆さんも水道水を飲むときは、水属性のヤンデレに見られていないかご注意ください。

画像提供:日本水道協会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン