ニュース
» 2015年10月21日 21時15分 公開

カラスとおしゃべりするドローン! 鳴き声や動きでカラスを誘導するドローンカラス開発プロジェクト始動

カラスによる農作物の被害や都市部での問題解決につなげる。

[笹原新之介,ねとらぼ]

 「カラスと対話するドローン」の開発プロジェクトが始動しました。カラスをだまし、対話して誘導することで、農作物の被害や都市部での問題解決につながるとしています。開発は総合研究大学院大学学融合推進センターの塚原さんとシンガポール国立大学IDMIの末田さん。クラウドファンディングサイト「academist」で開発資金を募っています。

カラスと対話するドローンを作りたい!

 塚原さんと末田さんは、録音したカラスの鳴き声をカラスの群れに向けて流す実験を行い、カラスを逃避させることに成功。カラス忌避装置の特許を取得しました。しかし、その装置は百発百中のものではなく、状況によってはまったく反応が得られないこともありました。そこで、より本物に近づけてカラスをだますために、「カラスと対話するドローン」を開発する同プロジェクトが始動しました。

 プロジェクトでは「カラスと対話するドローン」開発の第一歩として、「カラス剥製のロボ化」と「ドローンのカラス化」を行います。「カラス剥製のロボ化」では剥製にスピーカーを搭載。また、実際のカラスが鳴く時の動きをする仕組みを施し、地上からカラスを誘導できるか試みます。「ドローンのカラス化」では、グライダー型のドローンにスピーカーを搭載。着色やカラスの羽を貼り付けるなどの装飾を施し、空中からカラスを誘導できるか試みます。


ドローンカラス 「カラスと対話するドローン」開発の第一歩

 支援者は支援金額によって、「カラスの羽ペン(5000円、以下全て税別)」や「VRゴーグルでカラスと一緒に空中散歩!視聴権(オリジナル観察キット付き、1万円)」「カラス肉の燻製を食べる調査特別参加枠(5人分、3万円)」などのリターンを受け取れます。

ドローンカラス VRゴーグルでカラスと一緒に空中散歩!

笹原新之介


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む