ニュース
» 2015年10月22日 00時20分 公開

東村アキコ「ヒモザイル」休載へ 「皆様からの反響に向き合わずに創作を続けることはできないと判断」

月刊「モーニング・ツー」で連載。「嫌な気持ちになった方には本当に申し訳ないと思ってます。そして、連載を楽しみにしてくださっている方々、本当にごめんなさい」

[ねとらぼ]

 月刊「モーニング・ツー」で連載されている東村アキコさんのマンガ「ヒモザイル」が休載することが明らかになりました。10月22日発売の月刊「モーニング・ツー」2015年12号に掲載予定でした。

ヒモザイル わずか2話での休載となった東村アキコさんの「ヒモザイル」

 「ヒモザイル」は、自身がダメ男たちにサバイバル術を指南して立派な「ヒモザイル」へと育て上げ、稼ぎのよいアラサー女性のもとへと送り込むまでを描く実録ヒモ男養成ルポ漫画。同誌2015年10号から掲載され、Webでの無料版が公開されるとその内容や配慮に欠ける描写から物議をかもしていました。

 その反応に思うところがあったのか、東村さんから「しばらく時間をかけて内容を吟味し、発表できるかたちになってから再開したい」との申し入れがモーニング編集部にあり、その考えを尊重するとして休載が決まったそうです。無料で公開されていましたが、休載発表と同時に読めないようになっています。

「本作は実際の出来事を元に描いていこうと考えていたので、皆様からの反響に向き合わずに創作を続けることはできないと判断しました。お休みさせていただきながら、今後について考えたいと思います」(東村)



 雑誌編成の都合上、12号では休載のお知らせも掲載できなかったと告知しています。今後についてはより良いかたちで連載を再開できるようになった際に、誌面や公式サイトなどで知らせるとしています。

ヒモザイル 休載のお知らせ

ヒモザイル 8月22日に発売された月刊「モーニング・ツー」では表紙も飾りました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響