ニュース
» 2015年10月22日 15時20分 公開

タイムスリップはできないけどドリフトできる! スタンフォード大学が「デロリアン」を電動自動運転車「MARTY」に改造

デロリアンで“安心できる未来”を切り開く。

[高城歩,ねとらぼ]

 米スタンフォード大学の研究室が「デロリアン」を電動自動運転車に改造し、デモ走行の様子をおさめた映像を10月20日に公開しました。


画像 スタンフォード大学ニュースリリースより

 実車デロリアン(「DMC-12」)の生産期間は1981〜1982年のわずか2年。約8000台しか生産されていなかったものを2013年に大学が購入。 改造を施したうえで「Multiple Actuator Reserarch Test bed for Yaw control(方向操縦のための複数アクチュエーター研究テスト)」の頭文字をとって「MARTY(マーティ)」と名付けました。いいネーミングだ!

 「MARTY」は大学がレノボモーターズと協力し、エンジンの代わりに動力源としてモーターを搭載。各ホイールには電動モーターやパワーステアリングシステムなどを取り付けています。

Introducing MARTY, Stanford's self-driving, electric, drifting DeLorean

 実際にデモ走行させてみると……、速い! 後輪を横滑りさせながらグルグルと高速でドリフトを繰り返します。安定感もバツグンです。その上、本当に自動運転。ハンドルは一切握っていません。


画像 デロリアンの改造からスタート

画像 実際に乗り込んでみます

画像 すっごいドリフトしとるー!

 この研究は単に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」再燃の波に便乗したものではなく、どのような状況下においても自動運転の安全性が確保され、正確な操作ができることを実証するために行われています。最終的な目標はプロのドライバーが操縦する車に併走してドリフトさせること。自動運転システムの研究を発展させることにより、レース中の衝突事故を無くすことができれば、と考えているようです。

 タイムスリップはできないけれど、“安全性の高い未来”は切り開けるかもしれない。非常にワクワクする試みですね。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む