ニュース
» 2015年10月22日 15時20分 公開

タイムスリップはできないけどドリフトできる! スタンフォード大学が「デロリアン」を電動自動運転車「MARTY」に改造

デロリアンで“安心できる未来”を切り開く。

[高城歩,ねとらぼ]

 米スタンフォード大学の研究室が「デロリアン」を電動自動運転車に改造し、デモ走行の様子をおさめた映像を10月20日に公開しました。


画像 スタンフォード大学ニュースリリースより

 実車デロリアン(「DMC-12」)の生産期間は1981〜1982年のわずか2年。約8000台しか生産されていなかったものを2013年に大学が購入。 改造を施したうえで「Multiple Actuator Reserarch Test bed for Yaw control(方向操縦のための複数アクチュエーター研究テスト)」の頭文字をとって「MARTY(マーティ)」と名付けました。いいネーミングだ!

 「MARTY」は大学がレノボモーターズと協力し、エンジンの代わりに動力源としてモーターを搭載。各ホイールには電動モーターやパワーステアリングシステムなどを取り付けています。

Introducing MARTY, Stanford's self-driving, electric, drifting DeLorean

 実際にデモ走行させてみると……、速い! 後輪を横滑りさせながらグルグルと高速でドリフトを繰り返します。安定感もバツグンです。その上、本当に自動運転。ハンドルは一切握っていません。


画像 デロリアンの改造からスタート

画像 実際に乗り込んでみます

画像 すっごいドリフトしとるー!

 この研究は単に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」再燃の波に便乗したものではなく、どのような状況下においても自動運転の安全性が確保され、正確な操作ができることを実証するために行われています。最終的な目標はプロのドライバーが操縦する車に併走してドリフトさせること。自動運転システムの研究を発展させることにより、レース中の衝突事故を無くすことができれば、と考えているようです。

 タイムスリップはできないけれど、“安全性の高い未来”は切り開けるかもしれない。非常にワクワクする試みですね。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」