ニュース
» 2015年10月22日 18時19分 公開

「真夜中の弥次さん喜多さん」が舞台化 東京と大阪で2016年1月に上演

江戸の町から“リヤル”を求めて旅に出る。

[笹原新之介,ねとらぼ]

 漫画家・しりあがり寿さんの代表作を原作とした舞台「おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』」が上演されます。東京のシアターGロッソで2016年1月10日から17日まで、大阪のサンケイホールブリーゼで1月22日から24日まで上演の予定です。


 「真夜中の弥次さん喜多さん」は、ワイルドな弥次さんと薬物中毒の喜多さんが“リヤル”を求めて江戸の町から“てめぇ探しの旅”に出る、幻想的な世界観の作品。監督・宮藤官九郎さんで映画化もされています。

 出演者は唐橋充さん、汐崎アイルさん、田上真里奈さん、富田麻帆さん、西山丈也さん、藤原祐規さん、松本寛也さん、松本祐一さん。歌やダンス、パフォーマンスを絡めたエンターテイメント舞台になっているということです。


 チケット料金はグリーン席が1万800円(税込)、指定席が7500円(税込)。一般販売は11月3日12時からです。


笹原新之介


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響