ニュース
» 2015年10月22日 21時16分 公開

ヤクルト真中監督がドラフトで「外れくじ」を当たりと勘違い 力強くガッツポーズを決めるも訂正される珍事

光速のガッツポーズから急転直下のしょんぼり。

[たろちん,ねとらぼ]

 プロ野球ドラフト会議で、ヤクルトの真中満監督が外れくじを当たりと勘違いし、盛大にガッツポーズを決めてしまう珍事が起こりました。

ドラフト会議 プロ野球ドラフト会議

 明大・高山俊外野手をヤクルトと阪神が1位指名したことで、交渉権をかけたくじ引きに。真中監督は封を切った瞬間、ものすごいスピードでガッツポーズを決めて喜びを表現しました。これを見た阪神の金本知憲監督は自分のくじを開かずに席に戻り、そのままヤクルトが「交渉権確定」として進行。真中監督はその後のインタビューで高山選手に「一緒に神宮でがんばりましょう!」などとメッセージまで送ってしまいました。

真中監督 ドラフトの様子を見守る編集部(ブタさん)

真中監督 当たったああああああ!

真中監督 ヤクルトで一緒にがんばりましょう!

 ところがその直後、当たりを引いていたのは金本監督だったことが発覚。実はドラフトの外れくじは白紙ではなく「NPB」の印が押してあり、当たりくじはそれに加えて「交渉権確定」の印が押してあるのですが、真中監督は「NPB」の印を当たりの印だと勘違いしてしまったようです。金本監督のくじが当たりだと確認されたため、交渉権獲得球団は阪神に訂正されました。

ドラフト えー、真中監督が引いたのは外れくじでした

金本監督 金本監督「自分のくじ見てなかったわ!(ニッコリ)」

真中監督 真中監督「ええ……」

 まさかのどんでん返しに金本監督は「ビデオ判定で覆った気分」と笑顔に。一方、すっかりガッツポーズを決めてインタビューまでしてしまった真中監督は一転してしょんぼりしてしまいました。こうしたくじ引きでの「勘違い」は過去のドラフトでも起こったことがあるもの。ただし、今回一番驚いたのは間違いなく指名される側だった高山選手ですよね……。

たろちん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む