ニュース
» 2015年10月23日 16時20分 公開

「いのちのスタンプ」で自分の絵が動き出す スケッチブック・ペン・スタンプは全て市販 不思議な「らくがき動物園」が未来館に

楽しい!

[太田智美,ねとらぼ]

 スケッチブックに動物の絵を描き「いのちのスタンプ」を押すと、自分が描いた動物に魂が宿って机の上を動き出す……そんな魔法が、デジタルコンテンツEXPO(10月22〜25日/日本科学未来館)で体験できます。



 この作品のタイトルは、「らくがき動物園」。なんとも不思議な体験ですが、作品に使われているスケッチブック・ペン・スタンプのインクは全て市販のものが使われています。


らくがき動物園 動物の絵を描いて「いのちのスタンプ」を押すと絵が動き出します。ポイントは線をつなげること

らくがき動物園 他のページを開くと違う動物が

らくがき動物園 ここは「だちょう」のページ。他のページからも遊びにきます

 仕組みは意外にシンプル。「いのちのスタンプ」の中にArduinoが組み込まれており、スタンプを押したことを圧力センサーが検知。それをトリガーにスケッチブックの上に取り付けられたカメラが作動してスケッチブックを撮影。「いのちのスタンプ」(今回は赤色)から一番近い黒の線を輪郭として抽出し、手足などを自動解析します。解析が終わると骨(ボーン)を自動で挿入。これにより自分で描いた絵が歩いたり跳ねたりと躍動感を持ちます。あとは直上プロジェクターから投影すれば、この魔法の動物園が出来上がるというわけです。


らくがき動物園 「いのちのスタンプ」。中には圧力センサーが

らくがき動物園 カメラでスケッチブックを撮影

らくがき動物園 スケッチブックに書かれたマーカーを検出して動物の種類を特定します

 ちょっと未来の動物園。友だちの絵と自分の絵が楽しそうに踊ったりお話したりしていたら、ちょっぴりうれしくなってしまいます。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響